人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ◆ガスパイプライン爆発=クルド勢力の犯行か-トルコ

転載: richardkoshimizu’s blog


◆ガスパイプライン爆発=クルド勢力の犯行か-トルコ     作成日時 : 2015/07/30 10:21


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201507/article_176.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」






クルドは、ユダ金の「マイノリティー支配」に使われている手先。日本の「在日」と同じ役割。

イラクでもフセイン体制を武力で倒したのち、クルド人がユダ金の代理で原油漁りに乗り出した。そして、重要なのは、クルドの一部がユダヤ教徒であるということ。当然、ユダヤ教徒のクルドがクルド組織中枢に入り込み、クルドの軍事作戦をつかさどる。ユダ金のために。

イランが制裁解除で自由に原油を売れるようになれば、世界の石油価格は下落する。米国シェールガス商売は瓦解し、シェールに絡めたユダヤ・デリバティブ賭博商品が破綻する。ユダ金は痛打を浴びる。よって、イランのエネルギービジネスを、ユダ金は手先を使って妨害する。パイプライン爆破。


◆ガスパイプライン爆発=クルド勢力の犯行か-トルコ

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2015072800726

【エルサレム時事】トルコのアナトリア通信によると、ユルドゥズ・エネルギー天然資源相は27日夜、トルコ東部アール県で、イランからトルコへ天然ガスを輸送するパイプラインが爆発し、炎上したと発表した。 犯行声明は出ていない。国内では反政府武装組織クルド労働者党(PKK)の関与が疑われている。同相は「修復され次第、輸送を再開する」と国民に説明した。トルコはイランから年間約100億立方メートルの天然ガスを輸入している。

◆イラン(2)=国際石油・天然ガス市場への復帰は早くて今年後半か?

https://www.energy-planner.jp/archives/424

(抜粋)経済制裁の解除を契機に、堰を切ったようにエネルギー分野で攻勢をかけようとするイランだが、欧米諸国のイラン産原油の輸入制限は2016年まで撤廃されないとの見方が濃厚だ。核開発問題の協議に関連して、欧米側は合意内容がきちんと順守されているかを見届ける方針だ。米議会での承認が必要となる。さらに、「製油所などで技術的な作業もあり、制裁が解除されたからと言って、イランが石油の輸出量を急速に増やせるわけでない」(国内の大手商社関係者)との見方もある。

こうした点を踏まえると、イランの石油・天然ガス市場への復帰は、早くても今年後半もしくは来年初めにずれ込むというのが、エネルギー業界関係者に共通した見方のようだ。そのタイミングに合わせ、外資系企業の市場再参入に向けた競争があらためて激化しそうだ。

見よ!







--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------




by d451ddpp | 2018-10-03 21:12 | 情報拡散希望
<< 転載: 期日前投票に創価奴隷が... 転載: ◆「残業代ゼロ」法案 ... >>