人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 「米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks」

転載: richardkoshimizu’s blog

「米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks」
作成日時 : 2015/08/03 18:25


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201508/article_3.html

※ 「ユーザー名」と「パスワード」入力画面が出たらすべて「キャンセル」





米国が国家ぐるみで盗聴という犯罪行為を日本に対して行っていた。

「日本企業や政府高官、閣僚、上級補佐官」が盗聴対象ということは、ユダ金に不都合な官僚や政治家は、山田元農相のように次の不正選挙で落選させられるか、醜聞をつかまれて脅され、言いなりになる。

安倍首相の盗聴もしていた?してみたら、無駄だったとわかったでしょう。馬鹿さ加減にびっくりしたのでは。w

「盗聴で相手の弱みを握り、脅してユダ金の利益誘導をさせる」というのが主眼でしょう。

あとは、日本企業が重要な開発をすれば、それを盗むか邪魔をするための「盗聴」ということでしょうか。

いずれにせよ、卑しい犯罪国家、米国と真面目に付き合っても何ら利益はないということです。

やはり、日本版CIAを創設して、CIAとNSAの犯罪を追及するべきですね。日本版CIAはそれだけやってくれれば結構です。

情報感謝。


「米NSA、安倍首相や日本の大企業に諜報を行っていた―WikiLeaks」

2015年07月31日 17:29(アップデート 2015年07月31日 17:37)

http://jp.sputniknews.com/japan/20150731/668637.html

米国家安全保障局(NSA)は日本の内閣や三菱などの企業に諜報を行っていた。WikiLeaksが発表した。

WikiLeaksは金曜、「Target Tokyo」と題したリストを公表した。NSAの標的35件が列挙されていた。

NSAは日本企業や政府高官、閣僚、上級補佐官に対し、少なくとも安倍首相の最初の任期(2006年9月-2007年9月)から、諜報を行っていた。

WikiLeaks広報によれば、このデータは「米国による日本政府諜報プログラムの深さを示している。情報は日本の様々な大臣、機関から取られていたのだ」

「このデータは、米国が日本国内の事象について詳しい情報を持っていたことを示している。たとえば、農産品輸入、貿易紛争、WHOドーハラウンド交渉における立場、日本の技術的発展の計画、環境保護政策、原子力エネルギー政策について」

WikiLeaksによれば、米国はまた、日本政府と国際機関(たとえば国際エネルギー機関)とのやり取りも入手していた。

NSAはFive Eyes合意の枠内で、諜報で得られたデータを豪州、カナダ、英国、NZに送っていた。




--------------------------------
richardkoshimizu's blog

https://richardkoshimizu.wordpress.com/
--------------------------------





by d451ddpp | 2018-10-10 21:24 | 情報拡散希望
<< 転載: プエルトリコよ、よくや... 転載: 15.8.1福知山水田... >>