人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 中国の公安当局の諸君へ

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


中国の公安当局の諸君へ
作成日時 : 2015/08/15 11:04


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201508/article_72.html





中国の公安当局の諸君へ

ここをよくご覧いただいていると思います。

天津の爆発が、外国勢力や反習近平勢力による「核攻撃」の恐れがあります。

ジム・ストーン氏なども同様の指摘をしています。

小型核攻撃とした場合、通常核では放射性物質が残存し、核攻撃が発覚します。よって、米国、イスラエルなどが「純粋水爆」を使ってくる可能性があります。

この場合、ウラニウムやプルトニウムのような放射性物質は残りません。

ただし、中性子線など一過性の放射線が発生するので、事件後48時間なら検出できます。放射性同位体も検出できます。

原因究明に頑張ってください。犠牲者のご冥福、負傷者の回復を祈ります。

我々は天津の件の原因は、中国が米国債を秘密に売却したこと、人民元の切り下げを行ったことではないかと勘繰っております。

2015/8/15 09:55

> 現地の「放射線量」の情報が欲しいです これまでのユダ金のパターンからすると、核を使っていたとしたら、今回は電力確保が十分可能な場所ですし、いつまでも放射線を残存させておくわけにはいかない場所ですので、通常核ではなく純粋水爆を使用しているでしょう。 となると、純粋水爆の場合は、中性子線が残存するのは爆発から48時間だけとも言われてますので、線量測定するにしても早急に行わなければなりません。 習近平さんがその事に気付かないわけはない、とは思うのですが……

酢味噌




--------------------------------------
richardkoshimizu's blog

new!  https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------





by d451ddpp | 2018-11-01 20:01 | 情報拡散希望
<< 転載: SOKA GROUP,... 転載: 創価学会の正木・谷川対... >>