人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 天津大爆発と江沢民一味とアメリカ合衆国の1%

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


天津大爆発と江沢民一味とアメリカ合衆国の1%
作成日時 : 2015/08/18 11:33


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201508/article_91.html





天津大爆発ですが、やはり、習近平氏に追いつめられた江沢民一派の犯行とみる向きが多いようです。もちろん、実行行為にはユダヤCIAの関与が強く疑われますが。

2015/8/17 20:59

習当局 江派粛清を加速

http://www.epochtimes.jp/2015/08/24355.html

習近平と江沢民の二大陣営が激闘する中国の政局において、最近大きな動きがあった。このほど、習近平当局は周永康・前政治局常務委員や郭伯雄・前軍事委員会副主席などの江派重鎮を続々と失脚させ、処分するなど、江派への粛清を加速している。元老の「院政」の場と言われた北戴河会議もひそかに形を変えている。アナリストによると、共産党上層の争いの中で、江派は大敗を喫したという。

とくお


習近平氏肝いりで自由貿易区に指定された天津。9月3日の抗日戦争戦勝70周年軍事パレードに際しては、首都機能を一部天津に移管する予定。その天津で、大爆発。習近平氏への批判を集める絶好のチャンス。


2015/8/17 23:57

現代ビジネスにこんな記事が。 天津の大爆発は江沢民派の反撃か!? 

習近平vs江沢民の仁義なき戦い、いよいよ最終局面へ

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/44749

「なぜこの時期に、天津で大事故が起こったのか? この事故によって打撃を被るのは誰か?」
近藤大介氏の執筆ですが、なかなか読みごたえのある記事です。

習近平主席は、来月9月3日に、抗日戦争戦勝70周年記念軍事パレードを、北京で挙行しようとしている。これは習近平主席にとって、今年最大のビッグイベントである。

この期間、北京の首都機能の一部は天津に代替される。例えば、国内外のあらゆる民間航空機は北京首都国際空港を使用禁止となり、天津空港発着となる。

また習近平主席はこの軍事パレードを契機として、北京市、天津市、河北省の一体化を進めようとしている。その一環として、習近平主席の肝煎りで天津市は、上海市に続く自由貿易区に指定された。

つまり、今回の天津市の事故で赤っ恥をかいたのは、習近平主席なのである。私には、とても単なる事故には思えない


心情党員 独立遊撃隊
2015/08/17 23:57



さらに別の爆発?「同時多発テロ」を想起しますが。

2015/8/17 21:23

すみません、ツイッタ一情報ですが・・・

中国の天然ガス施設で爆発があったようです。

https://twitter.com/livein_china/status/632928577848279044

mnhy65


習近平に追いつめられているのは、江沢民一派だけではない。ユダヤ米国も習近平氏に国家の行く末を握られてしまっている。石油価格の下落は、ユダヤ米国のアキレス腱、シェールガス詐欺ビジネスを崩壊させる。デリバティブ詐欺商品の破綻は、天文学的負債となってユダヤ米国の金融悪魔に襲い掛かる。

2015/8/18 07:16

ユダ金が困る事間違いなし。

人民元の下落続けば世界的な通貨戦争の恐れも―英紙

http://www.focus-asia.com/socioeconomy/economy/426412/

起こりうる影響として、「『メイド・イン・チャイナ』の衣類や玩具などの価格が下がり、製造業のライバル国であるインドネシアなどのメーカーがより厳しい競争を迫られる」、「中国経済の先行きへの不安からガソリン価格が下がる」、「デフレが進む」といった点を指摘。 さらに、「世界経済がさらに下向き、ギリシャ情勢が一層悪化する」、「元の下落が続けば通貨戦争が勃発する恐れがある」といった事柄も挙げた。

とくお




--------------------------------------
richardkoshimizu's blog

new!  https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------







by d451ddpp | 2018-11-07 21:18 | 情報拡散希望
<< 転載: 劣化した日本企業の再生... 転載: ●米、秘密捜査員活動で... >>