人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: いもへぼらっくさんの過去のご投稿から、ピックアップしてみました。

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


いもへぼらっくさんの過去のご投稿から、ピックアップしてみました。 作成日時 : 2015/10/22 07:06


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201510/article_124.html

いもへぼらっくさんの過去のご投稿から、ピックアップしてみました。

7年間の末期がんとの闘いの記録です。

癌全身転移の樹木希林さんは、放射線で生き延びられていたんですね。

安倍売国奴偽首相も、17000ベクレルのα線を発生させる機器で、毎日、難病と闘っているのですね。戦わなくていいのに。w

いもへぼらっくさんは、さらに強力な24000ベクレル。

「放射線コワイコワイ病」の原典となっているマラー説を痛烈に批判されていますね。

では、貴重な体験談をどうぞ。

放射能コワイコワイ病に悩む諸氏、そして、癌患者の皆さんに福音です。


初めまして。私は何であれ、真実を知り真実と共に生きていきたいと思っています。それで単刀直入に申しますと、私は7年前から末期ガンでなんども死にかけましたが、低放射線療法 を毎日自宅で行って生き延びています。本当なので仕方がありません。

放射線で沢山の人々の遺伝子を破壊しようした人達が居たのかもしれませんが、実際は放射線に対する人類の知識が未熟だった故に、彼らの思いとは逆にあるレベルまでの放射線は、極めて体に良い事が分かっています。問題は、信じられない!信じたくない!東電と政府の回し者だ!という感情論との壮絶な闘いがあるのみです。

そんな中で敢えてコシミズさんが、殆どの人が受け入れ難い真実に切り込まれた事に、敬意を表します。尚、ベンジャミンさんが言っていた麻の油(亜麻仁油でも大丈夫と思う)も、ひどい肺ガンの痛みが楽になって助かっています。寝る前に大さじ一杯取ると良い感じです。少し良いものは残されていますが、凄く良いものは陰謀を仕掛けられ、邪悪な人達の利権の為に抹殺されて来たのが近代史。全てを見直す時が来たようですね…

いもへぼらっく

2015/03/25 02:19


今年の6月17日以来の、放射線のレポートです。

今回は取り急ぎ、

〈放射線ほど体に良いものはない!‥…その具体的な数値〉ついてレポートします。

本当の専門家が言っている様に、核爆発が起きたら48時間は中性子線が飛び交っているので、空母ロナルド・レーガンの様に爆心地の近くに居てはダメです。ペットを連れて、家族共々3日間位かなり遠くに避難し下さい。
昨今はあちこちで小型核兵器が使われている様なので、この位は知っておいた方が良いでしょう。

しかし…である。

α(アルファ)線、β(ベータ)線、γ(ガンマ)線は、自然だろうが人工だろうがどれも体に非常に良いです。

最近ガンが多いのは、子供の頃から悪魔教エリート達の指示で打たされて来た数々のワクチンの効果が現れて来た事と、農薬、遺伝子組み換え食品、添加物、家庭内の化学物質・経皮毒…そして、ストレスの相乗効果が主な原因です。

それらから体を守っているのが、放射線なのです!

私は猛毒の除草剤が原因で悪性ガンになり、8年程前から全身に転移している末期ガンです。進行の速い治療法の無いタイプで、ガンがムクムクと勢いよく成長していくのが分かります。

樹木希林さんも全身ガンとの事ですが、希林さんは信頼出来る医療機関を見つけたらしく、時々程良い強さの放射線をパッパッと浴びて、長年生き延びておられます。

私は自宅でこの3種類の放射線を上手く組み合わせて、どれも毎日たっぷり浴びて生きています。

これを止めると直ぐに死にます。日々闘いです!しかし、それほど放射線は良いのです!では、それぞれの放射線がどの様に良いかについてと、具体的な数値をご紹介します。

[アルファ線]について…。

ラドンガスから出るのがα線。

α線はプラスの電気を帯びた粒子で、電磁波ではありません。ラドン温泉は体に良いと言う事は多くの人が認めますが、内部被曝は絶対ダメと言う人も多くいます。 特に、専門家と称する人達が声高に言っているので、困ります。

彼らは、完全に誤りだった80年程前のノーベル賞のマラー説の上に積まれた、間違いだらけの膨大な資料の使い回しを、世界中でいつまでも行っているからそうなるのです。

ラドン温泉の効果・効能は、その内部被曝によるものです。また、本物の悪性ガンはわずからしく、これに関しては悲しいかな体を温めるだけでは、なかなか治りません。近藤誠氏いわく、このタイプは何をしても絶対に治らないと断言している程です。でもそれは、従来の西洋医学の範疇でのこと…。

私はこのタイプとの闘いなので、ホルミシス療法を広めている人から、“あなたが治ったら全てのガンが治るから、頑張りなさい!“とエールを送られていますが、やはり簡単ではありません。

でも、7年前に死んでいたはずだったのに、今も生きている…と言う事は事実です。

ラドンに戻りますが、ラドンガスには、トリウム系のラドン220(半減期55.6秒)と、ウラン系のラドン222(半減期3.8日)があり、9割は呼吸によって肺に入り、血液に溶け込み、全身の毛細血管に入って全身の細胞を刺激します。
これこそが内部被曝の良さなのです。

ラドン温泉や岩盤浴サロンのほとんどが、220の方 。行けば気分爽快になり、疲れが取れ元気が出ます
。悪くないです。

しかし、10分位で体から完全に消えてしまうので、末期ガンや重い慢性病の人には焼け石に水。一方、ラドン222を吸うと1週間位体内に留まり、α線を出し続けてくれるので、ガンの人はこちらがオススメ。末期の人は222を毎日吸い続ける事を勧めます。この療法で世界的に有名なのが、オーストリアのバドガシュタインの洞窟です。

具体的な数値をご紹介します。

私の場合は、ラドン222発生器(60万位で24000ベクレル発生)を買って毎日吸入しています。ちなみに、安倍首相は200万以上のセット(17000ベクレル発生)を買って官邸内で使っている様です。

24000ベクレルで計算すると、末期ガンの場合毎日お茶でも飲みながら3時間位です。私の場合は末期も末期なので、寝ながら5~8時間吸う事もあります。そして、1週間に半日から1日、体調を見ながら休むこともあります。平均するとやはり1日3時間。72000ベクレルになる。20で割ると、3600マイクロシーベルト。これは、今現在の関東地方の平均空間線量0.1マイクロ シーベルトの3万6千倍。 一般的な病気の場合、例えば糖尿病の人なら1日20~30分位でOK。

全身どんよりと具合が悪く動けない体が、気分が良くなり動ける様になります。この療法は2年前から行っていて、今現在、生きて行く上での中心的療法になっています。これほど身体に良いものは、めったにありません!
福島の皆さん!!ウソの情報で長期の避難を強いられ、本当に気の毒でなりません。そしてペット達も、沢山置き去りにされ…(涙々)私にもっと力があったら、もっと早くお伝えできたのにスミマセン!!

[ベータ線]について…。
マイナスの電気を帯びた粒子で、電磁波ではありません。ラジウム温泉と言うと、玉川温泉や三朝(みささ)温泉が有名ですが、玉川地区の石からはベータ線も出ています。花こう岩からは、この3種類が出ている事が多い様です。私の場合ですが、玉川地区の鉱石から作られたセラミックボール(岩盤ボール)を取り寄せて、洗濯ネットに3kg以上入れて枕にしています。独自に調べて見たのですが、このボールからは0.8~0.9マイクロシーベルト出ていて、その内の0.6がベータ線でした。 線量としては少ないですが、これでひどい睡眠障害がゆっくりですが完治しました! 何故ベータ線は良いのか!?

人間は微電流で細胞間のコミュニケーションを瞬時に取り合って、電気で筋肉を動かして生きています。そして、マイナスの電気は副交感神経に働きかけリラックスさせるので、ストレスの多い現代人には有り難い存在。しかも、マイナスイオンも大量に出ているので、体内のソマチットも元気になる。

この事から、ガンやリュウマチの痛み、ひどい筋肉の凝りに当てると解消します。 私は身体中ガンの痛みがあるので、本来はモルヒネを使うところを、色々な袋を作って岩盤ボールをゆるゆるに入れて、あちこちに密着させて生きています。

元々は、お風呂に入れる為に売られいたのですが、水は放射線を遮ってしまうので、乾いた状態で患部に密着させないと、ベータ線の効果は得られません。 一般的に、身体が放射線に慣れるのに40日位かかる人も居ますが、私の場合は1時間位でした。必要としていたのでしょう。

その後はガンの痛みが強くなると、このボールをガサッとを当てれば2秒以内に痛みが引きます。病院に行って検査して…なんてやっていられません!凄く痛いのですから。

痛み止めの薬と違って、穏やかな放射線なのでこのボールを365日、24時間密着させ続けても全く問題ありません。万人向けで安心・安全です。

全身ガンだらけの愛猫が、私が起きると自ら直ぐに岩盤ボールの枕の上に来て寝ていました。気持ち良かったのでしょう…。専用の岩盤ボールを買ってあげられず…ゴメンね(泣)

[ガンマ線]について…。

電磁波です。X線もほぼ同じです。だから悪い!と言う人が多くて困ります。α線やβ線と違って粒子ではないので、身体を通過します。

放射と言うだけあって四方八方に飛ぶので、まったく同じ所を通過する事がないので、良い刺激が得られます。
その際、働きの悪い又は眠っている遺伝子のスイッチを入れていると言う研究もあります。セシウムやストロンチウムから出ているのは、これです。

身体に良いホルミシス効果は、0.3マイクロシーベルトから得られるとされて居ますが、その前の0.23からムキになって除染されたらもったいなさすぎです!!

核爆発や原発利権ゆえの嫌悪感があっても、放射線は別。宇宙を司る神からの贈り物。では、どれ位までなら身体に良いのでしょう? 私自身の体験から答えます。

市販のガンマ線シートは、0.3~100マイクロシーベルトまであります。これ以上は販売が許可されていません。
私の場合、首のリンパ、肺、目、股関節、腹部全体、両足に転移し痛くて夜も眠れませんが、それぞれにγ線のシートや岩盤ボールを当て続けて、痛みを取り進行を食い止めています。

しかし、100マイクロでは足りない時もあったので、何枚も重ねて、それぞれに必要な量の放射線シートを自ら作って使っています。

以下はマイクロシーベルト。あくまで参考程度ですが…。

首・股関節などのリンパ節……何故か岩盤ボールが良く効く。時々100~200のシート。
肺ガンの痛み……300~600。時々岩盤ボール。
目の痛みと吐き気……100~300。目に転移したら死が近いのでガンマ線がオススメ。徹底的に叩く。
足……岩盤ボールが良く効く。時々100~300。

それぞれの痛みを取り、進行を抑える為に何日も当て続けていると、逆に痛みが強くなる時が来る。その時が、その部分の放射線の上限と考えて良いと思います。外すと痛みが徐々に和らぐので、何となく分かります。 少し休んでいるとまた痛みが来ますが、今度はガンの痛みです。そしたら、また当てれば引きます。この方法で、悪性のガンの進行を食い止めています。身体中なので、忙しいです(^^;)

以上のことから解った事は、ガンマ線が100マイクロシーベルト位の土地で生活しても問題ないと言う事。むしろガンがあっても治るかも知れず、健康になれる。今もチェルノブイリの被曝の森の中には、100マイクロ以上の場所があるが、動物達は例外なく全てすごく健康で元気に生きている。まさに私の体験結果と一致している!

物凄く健康になりたかったら、福島の量では足りません。まずは福島の量で身体を慣らして、時々もっと多い放射線を浴びると良いと思います。

ICRP(国際放射線防護委員会)は、長い間マラー説の上に世界に向けて発言して来た為、今さら逆だったとは認め難いのでしょう。

低線量の世界は誰にも解らないし、どこにもデータが無いのです…と言う言葉を使って、一所懸命フタをしています。しかし、世界中でも日本でも、数多く研究されています。わざと病気にしたマウスに、X線照射に依る低線量被曝を続けると、病気は治り、全てのマウスの寿命が延びています。

しかし、世界の研究所での研究は、放射線が哺乳類にとって身体に極めて良いと言う事まで。α、β、γ線それぞれに良さの特徴があり、使い分ける事で更なる健康増進に寄与する事までは、まだ至っていない。

今回のこのレポートは、私個人の体験を元にした研究結果ですので、どこにも書かれていませんが真実です。お役に立てて頂けましたら、何よりです。

放射線がかなり良い事は、1%のエリート達は当然知っているので、自分たちは密かに用いています。
衆議院議員会館でも、議員の皆さんは勉強会をしていて知っているので、誰も東京圏から逃げ出しませんね~。

一方、庶民には本当のところ長生きしてもらいたく無いので、積極的にこの事を知らせないようです。

よって、放射線が怖い!と思い込んで、もっとキチンと除染して!!廃棄物の袋が破れてる!!豪雨で流失した!!本当は大変な事になっているのに何故公表しないんだ!!……と言っている人達を、あえてそのままにしているのです。除染ビジネスで儲かるし、ある目的から東日本から庶民を追い出したい様なので、一石二鳥三鳥と言うわけです。

そして国民は急速に疲弊して行く……。この辺りが当面の目標でしょう。

海外メディアも危険だと、本当の事を言ってくれている?それ、マラー説なんですよ!いつまでも怖がっていたら、1%達の思う壺です。甲状腺ガンの原因は、放射性ヨウ素ではありません。放射線に対する間違った知識ゆえに、ヨウ素剤を飲ませた事と、海藻類を多めに食べさせ続けた事が主な原因とほぼ判って来ています。
皆さんもどうか調べて下さい!期限切れのものは引っ越し先まで追跡して回収するそうですが、何故??間違えて飲んだら危険だから?そんな薬、他にはありません。

最近60才近い友人が、甲状腺ガンの摘出手術をしてしまった。唾液が出にくくなり、食べ物が美味しくなくなったそうだ。でも、これで命が助かったのだから…と納得している。後日そっと聞いてみた。「海藻は良く食べてる?」「海沿いの育ちだから毎日食べてるわよ~」…やっぱり…ウゥ。 最新の甲状腺ガン治療は、放射線を数回に分けて当てるとの事。正確な知識と良心を持っている医師たちは、低線量放射線治療を始めています。ただし誰かに気兼ねしつつそっと…。一つ残念な点として、甲状腺だけでなく、全身にも照射して全体の免疫力を上げると更に良いのですが、これからですね。これ以上、子供達を危険にさらしてはいけません!

大人の皆さん!早くマラー説を捨て去り、冷静に調べて正確な知識を得て下さい。

子供達を守りましょう!人類の未来の為に~!!

--------------------------------------
richardkoshimizu's blog

new! https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------



by d451ddpp | 2019-03-16 20:52 | 情報拡散希望
<< 転載: 311人工地震・偽放射... 転載: ヤフー知恵袋より転載:... >>