人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ↓ これなんか、放射能パニック扇動隊の典型的手口なんでしょうね。 

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


↓ これなんか、放射能パニック扇動隊の典型的手口なんでしょうね。      作成日時 : 2015/10/23 14:21


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201510/article_143.html




↓ これなんか、放射能パニック扇動隊の典型的手口なんでしょうね。

2015/10/23 14:00

こういう考え方の人だったんですかァ、、。 厚労省発表の数値をお知らせしますね。手足欠損症最大県450%拡大。先天性心疾患350%拡大

114.146.233.233

dokudaminoheya'sさ...
「細胞分裂が激しい子供や妊婦が住むには、絶対に不向...


なんとしても放射線への恐怖を煽りたい。だから、必死にそれらしきデータを「原典」なしに言い募る。なるほどねー。騙されないようにしましょう。

ところで、福島の311以後の2011年5月~2012年2月の「死産率」ですが、福島が他より低いとのこと。低線量放射線の効果でしょうね。

先天性異常の増加が事実なら、今頃、ネットで大騒ぎになっている。病院関係者だって黙っていない。騒ぎになってませんねー。


はい、それでは、厚労省の研究班の発表結果は、↓こちらですっ。(#^.^#)

2014年7月26日朝日新聞の記事

http://plaza.umin.ac.jp/~fskel/cgi-bin/wiki/wiki.cgi?page=%CA%A1%C5%E7%A4%CE%C0%E8%C5%B7%B0%DB%BE%EF%CE%A8

まず最初に,朝日新聞デジタル 2014年7月26日の記事を引用します.福島県で生まれた新生児における心奇形,二分脊椎,小頭症などといったさまざまな先天異常の発生率は,全国平均とほとんどかわらないことが報告されました.ほんとうによかったと思います.

先天異常率「全国と同じ」 厚労省,福島の赤ちゃん調査 (朝日新聞2014年7月26日)

東京電力福島第一原発の事故後に福島県内で生まれた赤ちゃんは,全国の赤ちゃんと比べて先天異常の発症率がほぼ同じ傾向だったとする報告を、厚生労働省研究班がまとめた.27日に相模原市で開かれる日本先天異常学会学術集会で発表する.

研究班は,日本産婦人科医会が毎年実施している全国調査のデータと,2011年の原発事故以降、福島県内の全分娩(ぶんべん)施設を対象に実施した調査のデータを比較した.全国調査は1997~2010年に生まれた赤ちゃんのうち回答のあった約122万人,福島県内は11~13年の約1万7800人について解析し,1万人あたりの先天異常の発症率を比べた.福島県では年間約1万5千人の赤ちゃんが誕生している.

解析の結果,妊娠22週~生後1カ月の間にわかった心室中隔欠損やダウン症,口唇口蓋裂(こうがいれつ),多指症など,すべての先天異常の発症率が,全国調査と福島調査の間に統計的に意味のある差はなかったという.福島県内の地域による違いなどは調べていない.研究班はさらに解析を進めるとともに,長期的な影響についても調べる.

放射線被曝(ひばく)と先天異常の関係はわかっていない.WHOなどは05年,チェルノブイリ原発事故で先天異常が増えた証拠はないとの報告書をまとめた.一方,一部の異常が増えたとする論文が,米国小児科学会誌に10年に発表された.主任研究者の平原史樹・横浜市立大教授は「今後さらに症例数を増やすとともに,解析の方法も検討したい」と話している.(岡崎明子)

--------------------------------------
richardkoshimizu's blog

new! https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------




by d451ddpp | 2019-03-21 20:47 | 情報拡散希望
<< 転載: 年金7億円、運用損で消... 転載: 「細胞分裂が激しい子供... >>