人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 日本人の間で米国留学が下火に、行きたいのは中国―台湾メディア 

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


日本人の間で米国留学が下火に、行きたいのは中国―台湾メディア     作成日時 : 2015/11/03 06:30


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201511/article_26.html




日本人の留学者数は増えているのに、半減した行き先が「米国」。なぜか?

米国に魅力がなくなったから。米国には自由も平等もないから。

あるのは、米国1%の専横。搾取。略奪。統制。

だから、米国製の音楽も映画も文化人も魅力がない。米国は、日本人の頭の中で「世界唯一の超大国」ではない。

留学者数がかつての1位から7位に転落した。つまり、米国は日本人が関心を持つ7番目の国にすぎない。現在の留学先の一位は、中国。

その零落れたダメ国家にいつまでも尻尾を振る統一教会自民党偽政権。1位の中国とは関係悪化に必死。すべてはアメリカのため。

全ては「不正選挙」のなせる業である。

2015/11/2 21:34

日本人の間で米国留学が下火に、行きたいのは中国―台湾メディア

http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20151102044/1.htm

2015年11月1日、米国国際教育協会(TIE)がまとめた統計によると、米国留学熱は1950年代から現在まで衰えることがないが、日本人に限っては留学者数がかつての1位から現在は7位に減少した。日本の文部科学省のデータによると、現在、日本人は米国より中国本土に行って勉強したいと考えており、過去2年間は中国留学者数が米国留学者数を超えたという。参考消息のサイトが台湾メディアの報道として伝えた。

とくお


--------------------------------------

richardkoshimizu's blog

new!   https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------



by d451ddpp | 2019-04-26 09:55 | 情報拡散希望
<< 転載: 創価カルト無能教員     転載: 統一教会の変質者が大臣... >>