人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: ロシア機撃墜犯は英国訛り? 

転載:  richardkoshimizu's blog at ameblo

ワードプレスのブログを突然、抹消されました。当面、アメブロにて運営します。


ロシア機撃墜犯は英国訛り?     作成日時 : 2015/11/09 06:38


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201511/article_68.html



ロシア機撃墜犯は英国訛り?

なにやら、中国と接近中の英国を悪者にする意図でもあるのでしょうか?

時事通信の記事になっていますね。

英国訛りのサイモン・エリオット・バグダディさん、お元気ですか?

2015/11/8 22:43

なんだか、今度は、イギリスのせいに、するらしいです。なんでも、イギリス情報機関・政府通信本部(GCHQ)が、ロシア機の墜落直後に傍受したシナイ半島の過激派グループの通信に、英国人なまりの発音で、墜落を祝う会話が、含まれていた、という。情報機関筋は、エジプトと英国人過激派に「明確で強い関連」があると示俊したという。傍受した会話には、ロンドンや中部バーミンガムなまりの声があった。当局は、墜落への英国人関与をうかがわせるインターネット通信も傍受したという。・・・・(以下、略) 時事通信11月8日配信のニュースより あの~、イギリス訛りといえば、あの”サイモン・エリオットさんって、イギリス生まれじゃなかったけ?通称バクダディーだっけ?サイモン・エリオットさんって、まだ生きているんだっけ?そりゃ、確かに、サイモン・エリオット(通称バクダディー)さんは、イスラム国のメンバーだったよねぇ~。だけど、今回のロシア機墜落までも、サイモン・エリオット(通称バクダディー)が、やったのかなあ? イギリスのせいにして、ゴロツキ駄目リカとイスラエルは、逃げ切るつもりかね? イギリスが、中国と仲良くて、AI...

匿名希望



--------------------------------------

richardkoshimizu's blog

new!  https://ameblo.jp/richardkoshimizu/
--------------------------------------



by d451ddpp | 2019-05-10 11:01 | 情報拡散希望
<< 転載: ロシア機墜落現場の近く... 転載: 日本政財界とホモの関わ... >>