人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 米国で広がるヘロイン依存 大統領選候補者も対策に言及 

転載:  richardkoshimizu's blog

Exciteのブログに、裏社会が手を回して抹消されました。いつものことです。これで、何回目でしょうか?それだけ、richardkoshimizu ’s blogが、影響力、破壊力を持っているということです。 では、楽天から、再発信です! 


米国で広がるヘロイン依存 大統領選候補者も対策に言及      作成日時 : 2015/12/31 03:56


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201512/article_183.html


d0231432_15242314.jpg




そもそも、米国1%には、当時非合法ではなかった麻薬の販売で財を成し、次いで石油事業に進出した経緯がある。米国1%にとって、麻薬商売は、「家業」「生業」である。

ゆえに911内部犯行を口実にアフガンを侵略し、アヘンの生産を急拡大させた。

アヘンを加工したヘロインの最大市場は、米国。ヘロインを大量に消費してもらわないと、ロックフェラーの卑しい
商売は維持できない。よって、大ブッシュを長とする米国ユダヤ麻薬密輸シンジケートが販路拡大に大活躍。鎮痛剤を取り締まって、ジャンキーをヘロインへと向かわせるのに成功。

米国の麻薬汚染問をを解決するには、米国の共和党、民主党の両方を支配するユダヤ領袖を全匹排除する必要がある。米国は、麻薬大王が支配する国家である。おー恥ずかし。

大将皆様、お疲れ様です!大将スタッフの皆様、動画アップ誠にありがとうございます!時間のある時に必ず見させていただきます。ところで、ゆだめりか裏社会!まじに崩壊近づいてます!借金もさることながら、ここまで国家が荒廃してたら時間の問題だと思います!

米国で広がるヘロイン依存 大統領選候補者も対策に言及

http://www.news-ex.jp/a/story/news/life/KTT201512300002.html 

米国で、ヘロインによる麻薬汚染が広がっている。麻薬の代用として使われていた鎮痛剤の乱用取り締まりを強化した結果、依存症の人たちがヘロインに手を出す例も多く、死者も相次いでいる。大統領選出に向けて最初の予備選が開かれるニューハンプシャー州は特に問題が深刻な地域の一つ。候補者たちもこれまで以上に、依存症の問題に言及するようになっている。 

ディーン・レミールさん(29)が最初にヘロインを使用したのは4年前。「何か薬物を体に入れないと、安心できない状態だった」と振り返る。13歳の頃から飲酒を始め、高校時代も大麻を使用した。大学は無事に卒業したが、次第に物足りなくなり、祖父が処方されたまま使っていなかった鎮痛剤に手を出し、それも入手できなくなった時、ヘロインに走った。 

毎日ヘロインを使うようになり、交際相手の化粧品で注射痕を隠して出勤。ヘロインでも満足できなくなった時に初めて助けを求め、依存症の治療を受けた。

現在は地元のニューハンプシャー州で薬物乱用についての啓発や、依存症からの立ち直り支援をしている。「僕が使っていた時は車で1時間近くかけて買いに行かなければならなかったが、今ではすぐそこで売買している」と懸念する。

では失礼します!!

JOTXーTV
2015/12/30 17:09



-------------------------------------

richardkoshimizu's blog

new!   https://plaza.rakuten.co.jp/richardkoshimizu/
-----------------------------------



by d451ddpp | 2019-08-24 15:27 | 情報拡散希望
<< 転載: 〖増加するテクノロジー... 転載: 徴用工問題から、軍事情... >>