人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: 外国人就労の拡大検討=在留資格の新設視野―自民 

転載:  richardkoshimizu のブログ

  はてなブログが消された?あーそうですか。では、ココログで。  2019年9月11日 (水)


外国人就労の拡大検討=在留資格の新設視野―自民     作成日時 : 2016/03/11 11:15


http://rkblog3.html.xdomain.jp/201603/article_58.html




ユダヤ金融悪魔は、日本人の「特性」をひどく恐れてきました。

日本人が能力を発揮すると、金融ユダヤ人など簡単に凌駕してしまう。

「モノづくり」では日本人には全く太刀打ちができない。

そうなると、日本弱体化のためには、日本人そのものを減らすしかない。

日本人が子供を作れない環境を「整備」し、少子化を推進する。人口減少に追い込む。

保育園など充分あると子供を産む母親が増えてしまう。足りない方がいい。

大学進学に教育ローンを使わせれば、卒業後、ローン支払いに追われて結婚できない人が増える。少子化を促進できる。

女性の社会進出を喧伝して、結婚年齢を引き上げる。少子化につながる。

そして、人口減少を口実にして、外国人労働者の受け入りを自民党に進めさせる。

いったん日本に入った外国人は、世間知らずの日本人と結婚して定住するようになる。混血者がたくさん生まれる。日本人の特性が失われた混血者が増える。一方で、合同結婚式で韓国などに嫁いだ統一教会奴隷女信者が産んだ子供は、例外なく日本国籍を取得し、日本に入ってくる。

ここまで、ユダヤ金融悪魔は、日本人を恐れているのです。

光栄です。w


外国人就労の拡大検討=在留資格の新設視野―自民

時事通信 3月8日(火)20時5分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160308-00000159-jij-pol

自民党は8日、外国人労働者の受け入れ拡大について検討する特命委員会を新たに設置し、15日に初会合を開くことを決めた。
 
少子高齢化に伴う労働力不足を補うため、外国人就労の一層の門戸開放に向けて議論を進め、4月にも政府への提言をまとめる。
 
日本国内で外国人が就労するためには、入管難民法で類型化された在留資格を取得する必要がある。昨年施行された改正入管難民法では、日本企業で経営に携わる外国人や、高度な知識や技術を持つ外国人の在留要件が緩和された。
 
しかし、人手不足が深刻化している介護、医療、農業、建設の現場などでは、外国人労働者を広く受け入れるよう求める意見が出ている。自民党内でも「女性や高齢者の労働参加だけでは不十分」との声があり、特命委では在留要件の緩和や新たな在留資格の創設などについて検討する。




-------------------------------------

richardthekoshimizuのブログ

new! http://richardthekoshimizu.cocolog-nifty.com/
---------------------------------



by d451ddpp | 2020-01-19 16:14 | 情報拡散希望
<< 転載: さまざまな向精神薬を求... 転載: 空母ロナルド・レーガン... >>