人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

<   2012年 01月 ( 140 )   > この月の画像一覧


転載: 斜部中再来

転載: richardkoshimizu’s blog 

斜部中再来       作成日時 : 2012/01/05 13:03

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_23.html









チューキョーチューキョーチューキョーチューキョー

なんだか、またシャブ中が来ました。頭の上で「チューキョーチューキョー」とエンジェルでも周回しているんですかね。

2012/1/5 12:52

「中共が相手じゃどんな悪ふざけも北朝は黙って見逃すでしょうな。虎の威を借るリチャード君。」 111.86.141.77 中共入手か?







   

by d451ddpp | 2012-01-25 21:51 | 情報拡散希望

転載: エクトプラズム2

転載: richardkoshimizu’s blog 

エクトプラズム2       作成日時 : 2012/01/05 11:51

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_22.html









前回作品 ↓ 







老化現象 ↓  














    

by d451ddpp | 2012-01-25 21:43 | 情報拡散希望

転載: 部落解放同盟代表・極左過激派・日中戦争実現担当次期総理前原ソンテチャクそっくりさんについて

転載: richardkoshimizu’s blog 

部落解放同盟代表・極左過激派・日中戦争実現担当次期総理前原ソンテチャクそっくりさんについて     作成日時 : 2011/08/23 04:47

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_76.html








部落解放同盟代表・極左過激派・日中戦争実現担当次期総理前原ソンテチャクそっくりさんについて

さてさて、B層世間知らず無知蒙昧の支持を集めて総理の座を盗み取ろうとしている京都朝鮮解同界の「星」、マエハラ先生の代表選挙戦に早速ながら援護射撃をさせていただきます。頑張ってください。










  

by d451ddpp | 2012-01-24 21:36 | 情報拡散希望

転載: ゲーマー国家元首28さい

転載: richardkoshimizu’s blog 

ゲーマー国家元首28さい       作成日時 : 2012/01/05 11:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_21.html














    

by d451ddpp | 2012-01-24 21:24 | 情報拡散希望

転載: 「平成房総沖第二次関東大震災 2012年1月『3』日決行!」....は、どうなったんですか?

転載: richardkoshimizu’s blog 

「平成房総沖第二次関東大震災 2012年1月『3』日決行!」....は、どうなったんですか?
      作成日時 : 2012/01/05 10:41

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_20.html





「平成房総沖第二次関東大震災 2012年1月『3』日決行!」....は、どうなったんですか?

この類が横行しています。一読すればすぐに「あ~なんだ。あれか」とわかると思いますが、人工地震地震論者=「あれ」と思わせる効果はあるかも。尻馬に乗らないようにご注意を。(この情報は、有志の方からFAXでいただきました。)

●平成房総沖第二次関東大震災 2012年1月『3』日決行!(1月4日から電通営業開始だから)地家ヤスマサ
http://blog.livedoor.jp/jikeyasumasa-oomuroyasumasa/archives/67201674.html

2011年12月26日現在 東京23区の方は早く逃げてください。平成房総沖第二次関東大震災は「2012年1月『3』日」に決行します。(2012年1月4日から東京の電通が営業開始するから)もちろん「キッシンジャー指示による小泉と中曽根の人工地震テロです」

房総沖にちきゅうが人工地震核爆弾を埋め込む準備が整いました。

日本は「国民に大室帝(現在の皇室)について情報開示し日本人を混乱させるぞ!」とアメリカに地震兵器で脅迫され日本の皇室を守りたい売国奴政治家たちが大室明治天皇情報公開を嫌がり情報を独占した方が自分たちが肥やせると思ってるからしかたなくアメリカに言いなりになって人工地震で日本中(特に東京)を破壊しさらに米国に50兆円も100兆円も貢いでる状況でどうすることもできません。はやく明治維新情報公開法をつくり国民に明治維新の真実を情報公開しなければいけないのに天皇陛下も東宮も自分のポジションが危うくなるから情報開示を嫌がっているのです。1945年に東京が焼け野原になったいきさつと現在がそっくりです。多分関東南部東京23区横浜は火の海になります。臨海部は津波で飲み込まれ工場は爆発します。千葉は津波と地震で沈み壊滅します。その後東海地震東南海地震南海地震と続き死者は300万人になります。3.11をおこした僕が言うので間違いありません。

2012年1月4日は僕が「トケコミ」する日で地家=(地球の中心の家という意味)の地球の地軸がかたむくことで大地震 大津波が襲うということです。すでにアメリカ軍がちきゅうつかって千葉沖に地震兵器核爆弾をうめこみ成功したということです。








    

by d451ddpp | 2012-01-24 21:21 | 情報拡散希望

転載: 仮谷さん拉致、役割解明へ井上死刑囚から聴取

転載: richardkoshimizu’s blog 

仮谷さん拉致、役割解明へ井上死刑囚から聴取     作成日時 : 2012/01/05 09:54

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_19.html








平田証言で、オウム死刑囚に事情聴取。新事実が出てくれば、死刑執行が差し止められる。麻原・オウム幹部奪回テロを偽装した統一・創価・北朝鮮による日本テロの実行のための時間稼ぎですか、湯田金さん?

●仮谷さん拉致、役割解明へ井上死刑囚から聴取  読売新聞 1月5日(木)7時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000003-yom-soci

仮谷さん拉致事件で、平田容疑者が「拉致をするとは知らなかった」などと供述していることを受け、警視庁は4日、当時の詳しい状況を調べるため、同事件で重要な役割を果たした井上嘉浩死刑囚(42)から事情聴取した。

今後、判決が確定した他の元教団幹部らからも順次、事情を聞くとみられる。

平田容疑者の逮捕容疑は、1995年2月28日、東京都品川区上大崎の路上で仮谷さんを拉致、山梨県上九一色村(現富士河口湖町)の教団施設で薬物を大量投与し、死亡させた疑い。車の運転手役だったとされる。井上死刑囚は現場で犯行を指揮した。

平田容疑者は95年3月19日に杉並区のマンションで時限爆弾が爆発した事件でも、爆発物取締罰則違反容疑で指名手配されていた。この事件でも井上死刑囚が爆弾を仕掛けて爆発させるなどの中心的な役割を果たし、平田容疑者には爆発を確認するよう依頼したとされる。

最終更新:1月5日(木)7時38分






   

by d451ddpp | 2012-01-24 21:19 | 情報拡散希望

転載: ●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」

転載: richardkoshimizu’s blog 

●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」      作成日時 : 2012/01/04 08:46

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_7.html





●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」

平田容疑者の潜伏を助けた「支援者」を警視庁は追及する方針だそうです。はいはい、言わなくてもわかっています。オウム事件の真相隠蔽で大活躍した警視庁は、本命である「創価学会」「統一教会」だけは対象からはずした任意聴取をやるわけですね。結果、支援者が誰であったかは分からずじまいとなる予定ですか?

もし、オウム関係者に匿われていたなら、警察の監視の目に触れないわけがない。朝鮮創価、朝鮮統一が庇護者なら逃げおおせますよ。

警視庁さん、猿芝居、どうぞお続けください。


●アレフ関係者ら聴取へ…平田容疑者、爆破事件「責任取る」
産経新聞 1月4日(水)7時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120104-00000039-san-soci

オウム真理教元幹部の平田信(まこと)容疑者(46)が逮捕された東京・目黒公証役場事務長、仮谷清志さん=当時(68)=監禁致死事件で、警視庁は3日、平田容疑者の逃亡を長期間にわたり手助けした支援者がいるとの見方を強め、教団主流派団体「アレフ」の関係者などから任意で事情聴取する方針を固めた。平田容疑者は逃亡当初、教団側から逃走資金を受け取り、女性信者(49)と一時潜伏していた形跡があることから、アレフなど教団関係者からの任意聴取は不可欠と判断したとみられる。

一方、宗教学者の島田裕巳さん(58)の元自宅が爆破された事件について、平田容疑者が「そのことについて責任を取るために来た」と関与を認める説明をしていることが3日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁は爆発物取締罰則違反容疑で再逮捕する方針。

警視庁によると、平田容疑者は潜伏先について「人に迷惑がかかるから言わない」と話した。職業については「働いていない」としたが、現金約10万円を所持していた。整形手術も施さず、容姿は手配時とほぼ変わっていなかった。

警視庁はこうした状況から、1人で16年10カ月にわたり逃亡を続けることは困難で、逃亡を手助けした支援者がいるとみている。任意聴取はアレフなど教団関係者のほか、平田容疑者の知人らも対象に幅広く行われるとみられる。聴取は参考人としてだが、支援者と判明すれば犯人蔵匿や犯人隠避罪が適用される可能性もある。

また、「仮谷さんを拉致した車に複数の元教団幹部らが同乗していた」と供述したことも、捜査関係者への取材で分かった。平田容疑者が挙げた人物は井上嘉浩死刑囚(42)らで、警視庁は平田容疑者の役割などについて事情聴取する方針。


by d451ddpp | 2012-01-24 21:19 | 情報拡散希望

転載: 黒いユダヤ人米大統領が、極東戦争に向けてイラクの米兵力を極東に移し戦争計画をすすめると表明

転載: richardkoshimizu’s blog 

黒いユダヤ人米大統領が、極東戦争に向けてイラクの米兵力を極東に移し戦争計画をすすめると表明     作成日時 : 2012/01/05 09:49

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_18.html





黒いユダヤ人米大統領が、極東戦争に向けてイラクの米兵力を極東に移し戦争計画をすすめると表明。イラン方面の米軍プレゼンスを弱体化させて、イランが開戦しやすい状況を作るのも目的ですか、湯田金さん?

●国防戦略見直し発表へ=兵力削減、アジアは重視―米大統領 時事通信 1月5日(木)8時33分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000024-jij-int

【ワシントン時事】米ホワイトハウスは4日、オバマ大統領が5日午前(日本時間6日未明)に国防総省で、パネッタ国防長官と共に、予算削減のために米軍の任務や役割を検証する包括的な国防戦略見直しの結果を発表することを明らかにした。

戦略見直しでは、イラク戦争終結を踏まえ陸軍や海兵隊を削減。一方、戦力をアジアにシフトさせ、空軍や海軍を重視した戦略を打ち出す見通し。






    

by d451ddpp | 2012-01-23 21:58 | 情報拡散希望

転載: 「創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ?」について 2

転載: richardkoshimizu’s blog 

「創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ?」について (2)          作成日時 : 2008/02/10 21:57    

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200802/article_22.html






創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ? 」について


ほうらやっぱり。創価と生活保護の関係...生活保護ケースワーカーの実体験
http://blogs.yahoo.co.jp/m_clan_36b/3041199.html

●「なんで、あいつらをワシ等の税金で養わなアカンねん」

皆さんがご存知かどうか知らぬが、生活保護受給者における「学会」会員の割合は驚くほど高い。たとえば、僕が抱える約100ケースのうち、1割強から2割弱は「学会」会員である(酷いときには25%近いときもあった)。

●問題は働く能力があるにもかかわらず働くことなく「学会」活動や「選挙」活動に励む「学会」関係の保護受給者が相当数に上ることである。

働く能力があったとしても様々な事情で職に恵まれず「生活保護」の受給に至るというケースは少なからずある(無論、そういう人の場合は基本的に長期間の保護には値しない)。このようなケースで「学会」関係者の場合、「早期就労による早期自立」を指導しても実際は「学会」活動に燃え燃えだったりすることがよくあるのだ。「地域集会」だけでなく、「布教」活動にも燃え燃えなものだから、当然目立つ。一方で、いくら僕達が「生活保護」受給の事実が分からないように気をつかっていても、定期的に訪問調査を行うものだから、周辺の地域住民にはそれとなく知れ渡ってしまう。

●どう見ても五体満足なオバチャン受給者達が働きもせず、上記のような活動に勤しんでいるのも真実なのだ。

これを一般市民が見て憤らないはずがない。すなわち、生活を「生活保護」に依存して(我々の税金に依存して)働くことなく「学会」活動に諸葛亮党後援活動に専心しているってことだもん。
だもので、僕も「元気なのに働かんと、そないな活動ばっかりしてるのはどうかと思うよ」と注意に及んだことは何度もある。僕の場合、受け持ちのお客さん(受給者)が理解してくれて、半日はパート仕事に出るようになったという前進・改善ケースもあった。
しかし、同僚のケースワーカーの場合は違った。「学会」活動(選挙後援活動にも!?)熱をあげる「学会」関係の受給者に注意したところ、市会の議員から上司に苦情(いや注意、いや指導、いや抗議、う~ん)の電話が入ったのだ。その議員はもちろん諸葛亮党所属である(同僚ケースワーカーに注意を受けたお客が御注進に及んだものと思われる)。
詳しいやりとりは分からないが、上司は「『学会』と『諸葛亮党』とは関係ないはずでは?」と思わず反問しようかと一瞬考え、現にそう言いそうになったらしいが、後が怖いのでやっぱりやめて、ただひたすら謝ったということである。






   

by d451ddpp | 2012-01-23 21:56 | 情報拡散希望

転載: CIA宗教統一教会3K新聞によると裏社会は「4月解散」を狙っている模様です。

転載: richardkoshimizu’s blog 

CIA宗教統一教会3K新聞によると裏社会は「4月解散」を狙っている模様です。    作成日時 : 2012/01/05 09:44

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201201/article_17.html





CIA宗教統一教会3K新聞によると裏社会は「4月解散」を狙っている模様です。

「消費税増税関連法案の審議入りは5月の連休明けの見通しだが、衆院採決が近づくにつれ、民主党では離党者が相次ぐ公算が大きい。」
「6月には米軍普天間飛行場移設問題も佳境を迎え、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加問題でも米議会の圧力が強まるとみられる。野党は会期末の6月21日を見据え、内閣不信任決議案を準備するに違いない。小沢一郎元代表に近い勢力が同調すれば可決も十分あり得る。」

ということで、意図的に「消費増税」「TPP強行」「普天間迷走」抗争を引き起こすのですか。4月解散に向けて野田売国総理一派(松下衆道塾+ネオコン凌雲会)と自民党CIA部会(征和会)、みんな路頭などが、CIAシナリオ通りに解散総選挙実現に向けて対立を偽装するということでよろしいでしょうか?

4月解散、現実味 増税審議、いばら道 衆院解散シミュレーション
産経新聞 1月5日(木)7時55分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120105-00000076-san-pol

平成24年の幕開けとともに、衆院の解散風は強まりつつある。野田佳彦首相は4日の年頭記者会見で、消費税増税を含む社会保障と税の一体改革について「先送りできない課題だ」と断じ、これに伴う解散権行使をほのめかした。自民、公明両党が解散圧力を強めるなか、首相は24日召集予定の通常国会を乗り切ることができるのか。平成24年度予算案成立後の「4月解散」も現実味を帯びてきた。(石橋文登、酒井充)

「ネバー・ネバー・ネバー・ネバー・ギブアップ。私は大義のあることを諦めない…」

首相は4日の記者会見で、チャーチル英元首相の言葉を引用し、一体改革への悲壮なまでの決意を表明した。

とはいえ、衆参ねじれ下での消費税増税関連法案成立は至難の業。首相は民主、自民、公明3党による合意形成に淡い期待を寄せるが、現実は厳しい。

今年を「政治決戦の年」とする自民党の谷垣禎一総裁は「民主党政権に協議を提唱する資格はない。まず国民に信を問うべきだ」とにべもない。公明党も来年夏の衆参両院と東京都議の「トリプル選」を避けるべく早期解散に追い込む構え。衆院選前に増税の共同責任を負う野党はいない。


■冒頭から空転か
そもそも通常国会は冒頭から空転しかねない。首相は4日も「全閣僚一丸となり課題実現に力を尽くす」と内閣改造を否定したが、自民党は、問責決議を受けた2閣僚を交代させない限り審議拒否する構えだ。

しかも、子ども手当など「ばらまき4K」見直しに関する民自公の3党協議は昨年末に決裂してしまい、子ども手当関連法案など24年度予算関連法案さえ成立の見通しは立たない。

そうなると3月末の予算案成立直後に大きなヤマ場が訪れる。参院自民党の脇雅史国対委員長は「首相の問責決議案を出す時期が近づいている」と明言した。野党が予算関連法案成立と引き換えに解散を迫り、首相の問責決議案を提出すればどうなるか。解散か、退陣か。首相の選択肢は2つしかない。

■「リスク恐れず」

4月解散を免れても国会の迷走は続く。消費税増税関連法案の審議入りは5月の連休明けの見通しだが、衆院採決が近づくにつれ、民主党では離党者が相次ぐ公算が大きい。

6月には米軍普天間飛行場移設問題も佳境を迎え、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)参加問題でも米議会の圧力が強まるとみられる。野党は会期末の6月21日を見据え、内閣不信任決議案を準備するに違いない。小沢一郎元代表に近い勢力が同調すれば可決も十分あり得る。

首相の地元・千葉県船橋市の駅前では、年明けから後援会が「かわら版・野田よしひこ」を配り始めた。「新しいポスターができました」と支持者に掲示を呼びかけ、首相は年頭所感にこうつづった。

「何かに挑戦するリスクを恐れるより、何もしないことのリスクを恐れなければなりません」

解散か、それとも退陣か-。不信任決議を受け、首相がどちらを決断するかは自明ではないか。






   

by d451ddpp | 2012-01-23 21:54 | 情報拡散希望