人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

<   2012年 04月 ( 136 )   > この月の画像一覧


転載: 横須賀港泊局(2号局)の空間放射線量が3月26日14時ごろをピークに急上昇していますね。

転載: richardkoshimizu’s blog


横須賀港泊局(2号局)の空間放射線量が3月26日14時ごろをピークに急上昇していますね。     作成日時 : 2012/03/27 08:58


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_126.html






                            




横須賀港泊局(2号局)の空間放射線量が3月26日14時ごろをピークに急上昇していますね。その少し前に不審な黒い雲が出現。気温が下がって雨が降ったようです。

ユダヤ人の金融詐欺師のみなさん、またぞろ、よからぬ策略でも巡らしていますか?横浜方面の方、監視をお願いします。情報感謝。

横須賀沖の線量が、14時頃、上昇してます。
http://www.kankyo-hoshano.go.jp/real-data/servlet/makeChart?areacode=1&kyokucode=2&charttime=24
ひまわり 2012/03/26 19:10

ひまわり様

よく見つけられましたね。横浜市金沢区では12時ごろ気温が下がって雨がふり、すぐにやみました!「嫌がらせみたいな雲」だねえと話していたのですが、線量が上がっていたとは。
Fishwife 2012/03/26 22:52

本日、横浜市にて不自然な黒い雲が出ていると感じました。時間ははっきり覚えていませんが、14時か15時位だったかと思います。その時間帯に線量が上がっていたという事で、とても怪しく感じます。
SSS 2012/03/26 23:35

放射能濃度が、午後に上昇し、空模様が、おかしくなった、というのは、気になります。
ニコチン 2012/03/26 23:47









by d451ddpp | 2012-04-29 21:11 | 情報拡散希望

転載: What Lies Behind the Radiation Panic in Fukushima

転載: richardkoshimizu’s blog


What Lies Behind the Radiation Panic in Fukushima      作成日時 : 2012/03/26 14:55


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_125.html










情報拡散用です。ご活用ください。

作った人、ご苦労さん。










by d451ddpp | 2012-04-29 21:09 | 情報拡散希望

転載: ホモがホモネタで米国からゆすられてTPP・消費増税・1mSv除染強行。

転載: richardkoshimizu’s blog


ホモがホモネタで米国からゆすられてTPP・消費増税・1mSv除染強行。      作成日時 : 2012/04/21 07:59


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_112.html







ホモがホモネタで米国からゆすられてTPP・消費増税・1mSv除染強行。ホモは国民よりも校門が大事。

松下政経塾というホモ政治家によるカルト
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/557.html

投稿者 ラムセス 日時 2011 年 9 月 22 日 22:00:05: wc49qrd.DWqeY

「ジャーナリスト同盟」通信 本澤二郎の「日本の風景」(864)
http://blog.livedoor.jp/jlj001/archives/2011-09.html?p=3#20110901

<藤原肇氏と初対談> 右顧左眄しないジャーナリストに興味を持つ不思議な人物が現れた。月刊誌「財界にっぽん」によく登場する藤原肇氏という。同誌の川口社長からの誘いを受けて、本日、その不思議な人物と対談を行った。時あたかも松下政経塾政権が発足寸前だ。財閥丸抱えの政治集団が、戦前戦後を通じて初めて権力を掌握した。そんな財閥政権を松下・パナソニック広告で潤うマスコミが、目下大宣伝をしている。お笑いの世界のようだが、民意を反映することなど考えられない政権だから、ここはしっかりと監視を強めることが重要であろう。
このことに彼、藤原氏も同意見というものだから、喜んで対談に応じた。改めて同氏がフランスに留学、その足で米国に渡り、石油の採掘で成功したらしいことがわかった。欧米の文化を背景にして、祖国・日本を見聞してきた国際派の、現在はフリーランスという。

虎穴に入らずんば虎児を得ず、という諺を実践してきた幸運な人物である。ワシントンやCIA、シンクタンクや大学の研究機関などに詳しい。そこで学びコントロールされている日本の政界・経済界・学界の要人らの所業に詳しいのに、今回は対談を通じて理解出来た。

そういえば、日本にはアメリカ研究の機関さえもない。アメリカ通は一人もいない日本である。藤原氏によると、日本はアメリカの属国どころか属領でしかない、というのである。頷くほかなかった。

<ファシズム研究の第一人者> 欧米事情に詳しい人物ほど、ファシズム事情に詳しいし、警戒を怠らないものである。ヒトラーの再来に対して欧米の為政者・研究者は、今も警戒している。極右の動向に敏感だ。ファシズム研究は、東洋に比べると、はるかに進んでいる。

藤原氏には、そうした価値観・視点で日本政治を捉える能力があるようだ。筆者は過去の教訓として、日中友好・アジアの平和と安定を求めてペンを握ってきている。平和憲法9条への熱い思いは人後に落ちない。

リベラル・平和軍縮は宇都宮徳馬譲りである。これは一貫してブレない。したがって、日本の改憲軍拡勢力・極右の動向に重大な関心と監視をしてきている。二度と同じ愚を繰り返させないとの信念が、こうしてペンを走らせている原動力といっていい。

不幸にして日本マスコミは右傾化してしまい、改憲軍拡派に呑み込まれつつある。産経・日経・読売に、毎日や朝日までが追随する時代である。公共放送のNHKも狂ってしまっている。

日本沈没目前である。藤原氏も祖国の危機、そこに跋扈するファシズム・ファシストの動向が気になって仕方ない。恐らく、こうした背景と事情が今日の対談になったのであろう。

<松下政経塾内閣にSOS> 彼は松下政経塾について、ワシントンやアジアから分析していたのである。その上で警戒警報を発した。政経塾生が送り込まれるワシントンの研究機関がどういうところかを、正確に掌握していた。

彼らが台湾ロビーであることも承知していた。彼らの特異な政治思想を筆者同様に理解していた。松下財閥お抱えの政権にSOSを発していた。自立する日本と逆行する日本属領政権であることを、筆者に縷々説明してくれた。

彼は筆者が指摘した「つくる会」の歴史教科書に異様な接近をする政経塾に、重大な関心を寄せた。そこにファシズムの再来を感じ取っていた。
<京セラ稲盛の意外な素顔> 京セラの稲盛というと、民主党のスポンサーで知られている。しかし、国際派のフリーランスは、稲盛と政経塾、その先のワシントンの情報機関との密接な関係を暴露した。

不勉強な筆者にとって、それは驚きだった。松下幸之助と稲盛の関係は、なんとなく承知していたが、その先のワシントンへの布石を全く知らなかった。こうした日本の政財界の所業は、東京からではなかなか見えない。

ワシントン・アメリカの大学・シンクタンクを知悉することが重要なのだ。教えられることばかりだった。朝日新聞のFと小泉内閣の竹中の仲、CIAとのからみなども藤原氏は、いとも簡単に立証してみせた。こうした日本とアメリカの関係が、アメリカ人に尊敬されない、馬鹿にされている日本なのだ、とも彼は断じた。

<政経のホモ人脈> 筆者にとっては、途方もないような分析も紹介した。政財界にはびこるホモ人脈についての同氏の指摘である。正直なところ、ホモについて詳しくない。知らないと言っていいだろう。しかし、欧米ではこの研究も盛んなようだ。

日本の政財界人脈にもこれが横行しているという。別に構わないことではないか。それでいてなぜホモ人脈なのか。「秘密を守れる。女性は秘密を守れない」という不文律があるという。この説明で多少、納得した。
欧米、とりわけワシントンや米大学の研究機関・シンクタンクに首を突っ込んだ日本の政財官界の、日本での行動はけだし注目すべきことらしい。藤原氏は近著「生命知の殿堂」(ヒカルランド)など多数の書物で紹介していることを明らかにした。

財界にっぽん2011.11月号
http://fujiwaraha01.web.fc2.com/fujiwara/article/zaikai111102.html

本澤 江口氏とは今も交流はあるのですか。
藤原 ないないー。僕は松下幸之助が政経塾を作った段階で、外国の諜報機関の人物から、松下幸之助が青山にマンションを借りてある男を住まわせ、その 母親が一緒に住んでいるが、その母親は松下のオンナではないという話まで取っていた。その若衆宿が松下政経塾の始まりだったとか。 しかも中曽根内閣の時に京都大学の高坂正尭教授が政府委員会の委員長や委員を数多くやっていた。
本澤 そうですね。
藤原 彼が東京に出てきた理由は男漁り。この情報も外国の諜報機関の連中からです。
本澤 (驚きながら) そういうことっだったのですか。
藤原 米国というより世界では、諜報機関においては強請るタネはホモ人脈が当り前になっている。
本澤 ほうー。
藤原 高坂の弟子が前原でしょう。
本澤 そうです。前原は高坂教授に言われて松下政経塾に行ったと言われています。
藤原 高坂はエイズで亡くなっていて、京都では知る人ぞ知るです が、日本のメディアは一切報道していない。
実は、中曽根政権時代に海軍短現人脈が目立ち、男の友情が取り沙汰されたことがある。
男の友情は秘密を守る口の堅さに由来し、情報関係における歴史のキイワードです。『スパイキャッチャー』などを読めば、ホモ人脈 が重要な役割を演じていて、KGB,MI6,CIAといった諜報機関を支配していた。
そのことは『平成幕末のダイアグノシス』の 中にヒントとして書いて置いた。 だが、日本の皆さんは、日本の裏社会のことは暴力団、同和、カルトの3つしか言っていないが、もう一つホモというのがある
これは世界で通用する言葉だが、日本では分かっていても表には出てこない。
本澤 いや、全然分からないですね。



by d451ddpp | 2012-04-28 21:05 | 情報拡散希望

転載: 火遊び

転載: richardkoshimizu’s blog


火遊び      作成日時 : 2012/03/26 14:33


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_124.html







                        


                        


                         


                      


                             



by d451ddpp | 2012-04-28 21:04 | 情報拡散希望

転載: 創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ?

転載: richardkoshimizu’s blog


創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ?      作成日時 : 2008/02/10 11:12


http://richardkoshimizu.at.webry.info/200802/article_20.html






創価暴力団直結学会の皆さん、これって、オタクの裏組織の商売だったんですかぁ?

もしかして、全国規模でやってませんかぁぁぁ?

1.ヤクザさんや創価のゴロツキさんなどが、精神病などの疾患を偽装して生活保護を受給する。(病気で働けないとの理由で、申請が下りやすい?)だが、支給額は小さくて旨みが少ない。

2.だが、生活保護者は医療費が無償となり、かつ、医療機関への交通費も支給される。

3.だから、自治体の創価とつるんで、交通費を支給させる。創価仲間から交通費の領収書を集めたり、偽造するなどして、自治体に提出し、交通費を詐取する。市町村の担当者も創価なので、偽造書類を正規の物として受理する。全国の仲間数人で組んで、遠方の医療機関には、地元の仲間が替え玉で受診する。よって、正規の通院証明書・領収書も手に入るし、実際の交通費はかからない。

4.ひとりでは、交通費が膨らまないので、妻が常に付き添っていることにする。

5.精神病は、客観的な診断ができないから、病気のフリをする限り、医師は診断書を書かざるを得ない?それとも、医師も創価?この手口を使うには、「精神病」が最適か?

まあ、この事件の当事者自身は、本当に病気かもしれないけれど、この手口使えそうですね。使えるものならば、日本を代表するゴロツキ集団、創価学会の皆さんは、当然、使うでしょうね。勿論、統一教会も。

●生活保護男性が新幹線・飛行機通院、10か月438万受給
2月10日3時5分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080210-00000004-yom-soci

 生活保護受給中の大阪府岸和田市の無職男性が、病気治療にかかる通院交通費として、10か月間に約438万円を市から受給していたことがわかった。

 男性は飛行機や新幹線で福岡や東京などの病院に通っており、市に「いい医師を探して全国を行脚した」と説明。厚生労働省は「通院に飛行機利用を認めたのは極めて異例」として、全国の自治体を対象に、交通費の支給実態について調査を始めた。

 府などによると、男性は40歳代で、十数年前から精神疾患のため府内の病院に通院。2006年6月から生活保護を受給し始めた。同年8月に東京都内の病院を受診したが、「医師と合わない」として、同10月からは福岡市内の病院に7回通院。妻が付き添い、大阪空港や関西空港までタクシーを使ったうえで飛行機で往復していた。

 このほか、愛知県や神戸市の病院に新幹線やタクシーを使って通院。生活保護受給を終える07年3月までの10か月間に、5都府県の病院で200回以上診察を受け、総額438万円の交通費を受給した。

 生活保護受給者が医療機関の変更を申し出た場合は、主治医の診断書などを基に自治体が認め、医療機関発行の通院証明書や領収書などの提出を受けたうえで交通費を後払いする。岸和田市は「必要な書類が提出されており、適正な支出だと考えている」としているが、高額支給について同省は今年1月、「交通費の必要性や妥当性を十分検討しなければならない」として各都道府県に審査の適正化を求め、支給状況を調べるよう指示した。

 生活保護の「医療扶助」には治療費や入院給食費などが含まれ、通院に使う交通費も全額支給される。厚労省通知で「最小限度の額」とされているが、上限は設けられていない。



















by d451ddpp | 2012-04-28 21:02 | 情報拡散希望

転載: 12.3.24RK豊橋講演会「裏社会が音を立てて壊れていく。」動画を公開します。

転載: richardkoshimizu’s blog


12.3.24RK豊橋講演会「裏社会が音を立てて壊れていく。」動画を公開します。      作成日時 : 2012/03/25 15:24


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_123.html





                       


                     


3.24豊橋講演会動画アップロード完了です。

2012.3.24 リチャード・コシミズ豊橋講演会

連続再生(8分割)
http://www.youtube.com/watch?v=a9trUBM8baU&list=PLA719FA516BDD0E90&feature=view_all

万ちゃんご苦労様。スタッフ諸君ご苦労様。






                       



                         


                         


                          



by d451ddpp | 2012-04-28 21:02 | 情報拡散希望

転載: ↓これ、何が書いてあるのか全然理解できません。私の頭が悪いのでしょうか?

転載: richardkoshimizu’s blog


↓これ、何が書いてあるのか全然理解できません。私の頭が悪いのでしょうか?    作成日時 : 2012/03/24 22:55


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_122.html






↓これ、何が書いてあるのか全然理解できません。私の頭が悪いのでしょうか?どなたか、「翻訳」いただけるとありがたいです。

2012/3/24 22:27


Heroさん では1つ質問に答えて下さい

あなた方が指摘します 工作員として取りあげられるギャラ と言うのは理論的に 理解し責任持って述べていますか?

仮に彼等 反論者が洗脳広告代理店系の工作員だと 思うのでしたら

賢ぶってないで リチャード信者代表として 科学者並みの結論を的確に 答えて頂けないでしょうか?

反論者の危害をもたらす言葉に 実証もなく 工作認定と反感売る前に もう少し(日本)人としてまともな意見で

立ち振舞う事ができないのでしょうか…(日本)人として

126.59.246.61

ドロミズ

ダスキンでもご紹介しましょうか?












  



by d451ddpp | 2012-04-28 21:00

転載: 死帝弁護士

転載: richardkoshimizu’s blog


死帝弁護士      作成日時 : 2012/04/27 07:17


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_137.html






           


              


               


                   



by d451ddpp | 2012-04-27 21:16 | 情報拡散希望

転載: 2012.3.24RK豊橋講演会にご参加、ご視聴、ありがとうございました。

転載: richardkoshimizu’s blog


2012.3.24RK豊橋講演会にご参加、ご視聴、ありがとうございました。  作成日時 : 2012/03/24 22:33


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201203/article_121.html







                      


                                      


2012.3.24RK豊橋講演会にご参加、ご視聴、ありがとうございました。

同時中継がうまくいってよかったです。動画公開は少し先になります。お待ちください。

次回は、3月31日、鹿児島講演です。ご期待下さい。





  



by d451ddpp | 2012-04-27 21:15 | 情報拡散希望

転載: 日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....

転載: richardkoshimizu’s blog


日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....     作成日時 : 2011/04/03 08:02


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_18.html





日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....

1.北朝鮮系左翼工作員

2.極左過激派世界革命狂信者(部落左翼含む。)

3.日本版ネオコン:部落極左出身の前原や枝野など。ユダヤネオコンの手先

4.似非右翼暴力団(極左からの偽装転向者。2.と同一系統だが、儀装対立の目的で分派。)

5.統一教会の「地上天国」狂信者。要するに世界革命と同義語。(降伏の科学、キリストの幕屋などに信者を送り込み内部から乗っ取りも。)

6.創価学会の潜入工作員:部落・朝鮮系の北朝鮮シンパが組織内組織を形成。

7.ただの薬中・ホ○。薬の助けを借りて暴れたいだけ。暴れることが性行為そのもの。屑の中の屑のさらに選りすぐりの特選屑。

8.シミン運動者:要するに一皮むけば左翼。デモなどに大量動員される対象。社会に対立を生むことで国家による弾圧・統制を正当化するのが役割。リーダーは結局はユダヤ権力の手先。

注:以上の要素を複数併せ持つ場合が多い。

注:カルトの一般信者は、教団の実態を全く知らず搾取使役の対象。教団の悪事遂行を無意識に幇助する役割。防波堤。

まず、この事実を正しく認識する必要があると思います。

狂団の一般奴隷の皆さん、邪教仲間の不穏な動き、不審な噂に気がつきませんか?











by d451ddpp | 2012-04-27 21:14 | 情報拡散希望