人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

<   2012年 05月 ( 142 )   > この月の画像一覧


転載: 手榴弾の投げ方教室

転載:  richardkoshimizu’s blog




手榴弾の投げ方教室      作成日時 : 2012/04/16 00:21




http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_80.html




手榴弾の投げ方教室

印尼賠償貿易の手土産の七保子ちゃんのいたコパカバーナとか、力道山開腹手術の赤坂の「ニューラテン・クォーター」(横井さんのホテル・丸焼けニュージャパンの中にあった。)とか、クラブで刺されるのが趣味の力道山(朝鮮人格闘家)とか、赤坂の帝王、東声会の故・町井会長(本名:鄭建永)とか、力道山が死んだときの日本プロレス協会会長でセスナで自宅に突っ込まれるのが好きな児玉誉士夫(誰かが「日本人ではない」とホントのことを書いてしまった人)や児玉の親分のソウル生まれの文堯さん(日本名:笹川良一)とか、パパが北朝鮮と仲良しだった鮫島純一郎とか従兄弟?の北朝鮮大好き池口鮫島惠観大阿闍梨とか、力道山のプロレス仲間の在日、高太文の孫が今、北朝鮮の第三代国王をやっている件とか、60年代には東声会とことを構えたこともある稲川会(鮫島純一郎の雇い主)が、今では在日の辛炳圭(シン・ビョンギュ)が五代目を名乗っている件とか....裏社会ネタを加工せずに無責任に放り投げてさっさと寝てしまうリチャード・コシミズでありました。


おやすみなさい。 








         



by d451ddpp | 2012-05-25 22:17 | 情報拡散希望

転載: 泥水くん、投稿感謝。

転載: richardkoshimizu’s blog


泥水くん、投稿感謝。      作成日時 : 2012/04/10 13:31


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_60.html






泥水くん、投稿感謝。

RKブログ専属の裏社会補藻工作員さん、ご苦労様です。最近姿が見えなかったので、また、どうせ失敗するテロ計画の準備かなと心配してました。w

「窓付近のほこりを一拭きして測定すると1000ベクレル」ということですので、これをセシウム134とすると....

●セシウム134を1kg経口摂取

1000ベクレル × 0.019 x1 = 19マイクロ・シーベルト

ただし、その「ホコリ」を1kgまるまる摂取した場合の話。そのホコリ、1kg手に入れるのは、家中全部集めても無理だろうな。

故意に吸い込みでもしない限り、ほとんど体内には入らない。マスクして一度掃除して終わり。線量は劇的に下がるでしょう。

まあ、200mSv位まではむしろ健康によさそうだから、放っておいていいんじゃないですかね。立派な大学の大先生が騒ぐほどのことではないと思いますが。なにしろ、センセイ自ら「人間が放射線によって障害を受ける最低の放射線は200ミリシーベルト付近ですから。」「少しは放射線を浴びておいた方が「異物を取り除く体の中の自衛隊」を育てておくことができる.放射線と人体の関係を研究している人の多くが「放射線を少し浴びた方が発癌性が低い」と考えている。」と仰ってるくらいです。

全然問題になりませんね、センセ。w

2012/4/9 23:39
武田邦彦氏のブログによると 福島県の放射能降下量が昨年の6月よりも多いそうです。
http://takedanet.blogzine.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2012/04/08/bandicam_20120408_085321756.jpg

先日、テレビで見たのですが、 いわき市の方が震災直後に東京に避難しました。その方はご自身でベクレルモニターを購入しました。元の家に戻り窓付近のほこりを一拭きして測定すると1000ベクレル出ていました。目張りしていないので放射能が窓から漏れて室内に入っていました。恐ろしい数値です。これが現実です。 福島県及び周辺の県の方は避難することも選択して下さい。 このまま福島県に留まると健康被害が大きくなる可能性が高いです。特に子供と女性は特に注意してください。

124.241.47.187 泥水君









by d451ddpp | 2012-05-25 21:40 | 情報拡散希望

転載: ユダヤ米国インチキMD迎撃ミサイルの歴史は、こちらで

転載: richardkoshimizu’s blog


ユダヤ米国インチキMD迎撃ミサイルの歴史は、こちらで    作成日時 : 2012/04/10 11:39


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_59.html








                      


ユダヤ米国インチキMD迎撃ミサイルの歴史は、こちらで

●「与太郎の妄想」 瀕死の米国経済を、MDミサイル迎撃実験が救うか?

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200712/article_20.html

1)標的の弾頭から、誘導信号を発信してもらう。過去に実績あり。

2)標的に爆弾を埋め込み、迎撃ミサイルが近接したら、爆破して迎撃成功を偽装する。朝日新聞 1994年7月24日  SDI実験の成功、「まやかしだった」 米議会当局が報告書

●一度に10基の核弾頭に対処する方法などない。

http://richardkoshimizu.at.webry.info/200812/article_18.html

ロシアの多弾頭ミサイル。開発に成功したら、その時点でユダ金のMD迎撃ミサイルは無用の長物となります。大気圏に再突入した弾頭から、一度に10基もの核兵器が放出され、それぞれ標的に向かって降下していく。これに米国のMD兵器風情で対処できるわけがない。一基でも実はほとんど対応不能なので、同じことですけれど

●与太話 兼 ニュースの正しい読み方 (09.02.26)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200902/article_21.html

MDで「当たるわけない」=北ミサイル、迎撃を困難視-政府筋
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009032300996&m=rss

北朝鮮が長距離弾道ミサイルとみられる「人工衛星」を打ち上げた場合に備え、政府がミサイル防衛(MD)システムによる迎撃を準備していることについて、政府筋は23日「突然撃ってきたら当たるわけがない」と述べ、迎撃は困難との見方を示した。
政府筋は、ミサイル発射から7、8分で日本に到達するとされることから「浜田靖一防衛相が麻生太郎首相に報告した時にはもう終わっていて間に合わない」と指摘。その上で「見ているしかないだろう」と語った。 

日本のMDシステムは、日本海で海上自衛隊のイージス艦が海上配備型迎撃ミサイル(SM3)を発射し、撃ち漏らした場合は地上から地対空誘導弾パトリオットミサイル(PAC3)で迎撃する「2層防御」の態勢。政府は、北朝鮮に自制を強く求める意味からも、迎撃の準備を進めている。(了) (2009/03/23-21:29)








by d451ddpp | 2012-05-25 21:39 | 情報拡散希望

転載: 日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....

転載: richardkoshimizu’s blog


日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....     作成日時 : 2011/04/03 08:02


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_18.html





日本の主敵、311テロリスト・世界ゴロツキ協同組合日本支部の構成要素は....

1.北朝鮮系左翼工作員

2.極左過激派世界革命狂信者(部落左翼含む。)

3.日本版ネオコン:部落極左出身の前原や枝野など。ユダヤネオコンの手先

4.似非右翼暴力団(極左からの偽装転向者。2.と同一系統だが、儀装対立の目的で分派。)

5.統一教会の「地上天国」狂信者。要するに世界革命と同義語。(降伏の科学、キリストの幕屋などに信者を送り込み内部から乗っ取りも。)

6.創価学会の潜入工作員:部落・朝鮮系の北朝鮮シンパが組織内組織を形成。

7.ただの薬中・ホ○。薬の助けを借りて暴れたいだけ。暴れることが性行為そのもの。屑の中の屑のさらに選りすぐりの特選屑。

8.シミン運動者:要するに一皮むけば左翼。デモなどに大量動員される対象。社会に対立を生むことで国家による弾圧・統制を正当化するのが役割。リーダーは結局はユダヤ権力の手先。

注:以上の要素を複数併せ持つ場合が多い。

注:カルトの一般信者は、教団の実態を全く知らず搾取使役の対象。教団の悪事遂行を無意識に幇助する役割。防波堤。

まず、この事実を正しく認識する必要があると思います。

狂団の一般奴隷の皆さん、邪教仲間の不穏な動き、不審な噂に気がつきませんか?











    



by d451ddpp | 2012-05-25 21:38 | 情報拡散希望

転載: 問題は体内被爆なんだ~

転載: richardkoshimizu’s blog


問題は体内被爆なんだ~      作成日時 : 2012/04/10 11:28


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_58.html






問題は体内被爆なんだ~

で、福島のひと、深刻な被爆をしているんですか?福島の食品に含まれるセシウムによる被爆量は、年間で0.023ミリシーベルト。事故が無くても食品には最初から放射性物質が含まれていて年間で0.2mSv。

調べるだけ無駄だから、放射線パニックブログ日参をやめ、そんな時間があったら山に山菜採りに行こう。さんさんと降り注ぐ太陽を浴びよう!あ~空気が美味しい!

●福島の食事、1日4ベクレル 被曝、国基準の40分の1
http://www.asahi.com/national/update/0118/TKY201201180799.html

家庭で1日の食事に含まれる放射性セシウムの量について、福島、関東、西日本の53家族を対象に、朝日新聞社と京都大学・環境衛生研究室が共同で調査した。福島県では3食で4.01ベクレル、関東地方で0.35ベクレル、西日本でほとんど検出されないなど、東京電力福島第一原発からの距離で差があった。福島の水準の食事を1年間食べた場合、人体の内部被曝(ひばく)線量は、4月から適用される国の新基準で超えないよう定められた年間被曝線量の40分の1にとどまっていた。

調査は昨年12月4日、全国53家族から家族1人が1日に食べた食事や飲んだものをすべて提供してもらい行った。協力家族の居住地は、福島県が26、関東地方(群馬・栃木・茨城・千葉・埼玉・東京・神奈川)が16、中部(長野・愛知・岐阜・三重)、関西(大阪・京都)、九州(福岡)など西日本が11。普段通りの食材で料理してもらった。福島では、地元産の野菜などを使う人が多かった。

1日の食事から取り込むセシウムの量は、福島県内に住む26家族で中央値は4.01ベクレルだった。この検査法で確認できる値(検出限界)以下の正確な値がわからないため、平均値ではなく、検出値を順に並べて真ん中に当たる中央値で分析した。

この食事を毎日1年間、食べた場合の被曝線量は0.023ミリシーベルトで、国が4月から適用する食品の新基準で、超えないよう定めた1ミリシーベルトを大きく下回っていた。福島でもっとも多かったのは、1日あたり17.30ベクレル。この水準でも年間の推定被曝線量は0.1ミリシーベルトで、新基準の10分の1になる。原発事故前から食品には、放射性のカリウム40が含まれており、その自然放射線による年間被曝線量は0.2ミリシーベルト(日本人平均)ある。セシウムによる被曝線量はこれを下回った。

調査した京都大医学研究科の小泉昭夫教授は「福島のセシウム量でも十分低く、健康影響を心配するほどのレベルではなかった」と話している。









by d451ddpp | 2012-05-25 21:37 | 情報拡散希望

転載: ミサイル防衛:ちゃんとわかった方がいらっしゃるようで。

転載: richardkoshimizu’s blog




ミサイル防衛:ちゃんとわかった方がいらっしゃるようで。    作成日時 : 2012/04/10 11:02




http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_57.html





                               


                                


ミサイル防衛:ちゃんとわかった方がいらっしゃるようで。

ミサイル防衛はできない。できたとしたら、日米朝による猿芝居。自爆型テポドン。こんな玩具を本物に見せかけようとする裏社会の程度の低さ。「無能」を絵にかいたような裏社会の拙速ぶり。焦燥にかられて見切り発車の茶番劇。わかった人からは笑われるだけ。情報感謝。
●「ミサイル防衛くらい実態に機能しない物をさも機能するように祭り上げられているものはない:孫崎 享氏」
https://twitter.com/#!/magosaki_ukeru
ミサイル防衛:
幾つかの防衛政策で、ミサイル防衛くらい実態に機能しない物をさも機能するように祭り上げられているものはない。
最近PAC3を東京の3ヶ所に配備。
これで東京が守られている印象を与えているが、こんなものは何の役にも立たない。
少し考えて見よう。
ミサイルは三段階。
第一段階はミサイルブーストフェーズと言って打ち上げ。
第二段階はミッドコースと言って途中、宇宙空間を飛ぶ。
第三段階はターミナルコースと言って最終段階降下する段階。
先ず第一段階は敵国内。
スピードゼロから秒速7KMに。
この段階の撃墜時間的に無理。
第二段階は1000KMの高度。
ここでの撃墜もない。
第三段階で降下する時に撃墜が予定される。
その時の速度は様々だが秒速2KMから7KM。
解りやすいようにビッチャーが時速150KMなら秒速42M.サーカーの初速30M.ミサイルの秒速2kmとすれば、マウンドからーベース(18m)は100分の1秒で来る。
サッカーのペナルティー(11m)は200分の1秒でくる。
これキャッチャーやキーパーの起点でこの速度でくるものを東京全土で打ち落とすことを考えたらどうなるか。
不可能という言葉も使いない位の意味ないもの。
ミサイル防衛はそもそもミサイルサイロを狙ってくるものの防衛。
拠点防衛なら可能性はあるが、広域で政治、経済、社会の中心を守るという意味では全く意味ない。
こんなものをさも意味あるように宣伝する馬鹿さ。
撃墜命令、いいかげんにして欲しい。












    



by d451ddpp | 2012-05-24 21:39 | 情報拡散希望

転載: 放射線は老人より子どもに強い影響を及ぼします。子ども、若い人のがんが0.5%増えるとした

転載: richardkoshimizu’s blog


放射線は老人より子どもに強い影響を及ぼします。子ども、若い人のがんが0.5%増えるとしたら.....     作成日時 : 2012/04/10 10:42


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_56.html







                 


               


「がんは本来、老人の病気です。しかし、放射線は老人より子どもに強い影響を及ぼします。子ども、若い人のがんが0.5%増えるとしたら、どう考えますか?」

マユ 2012/04/09 23:05


0.5%の増加というのは計算の誤差の範囲内であり何ら意味を持つ「増加」ではないと思います。この0.5%を深刻に捉え多大な危険であるかのように騒がられる方は、

A.放射線パニックを煽る側の米国ユダヤ金融資本勢力に連なる朝鮮系宗教、北朝鮮工作員、特殊な同性愛集団、エセ右翼(日本経済の弱体化を図る勢力、どれもこれも下品で無能で粗暴、論理性ゼロ、日本語がまともにかけないなどの点で共通しています。)

B.放射線パニック症候群罹患者

のどちらかであると思います。1.に対して何をいってもカルト的洗脳は簡単には溶けないので意味がありません。上からの指示に基づいて危機を煽っているのですから。 一方、2.の集団にはまだまだ再起の可能性があります。

(1)新聞テレビ、ネット上の放射線パニック扇動報道でパニックに陥った方々は、ストレスを溜めて心身共疲れ果てておられると思います。ストレスが亢進すると免疫力が低下しガンなどの病気になりやすくなります。また、半ば精神疾患に突入してしまっている方も多いようです。放射線よりも怖いのがストレスであると解します。お母さんがパニックになれば家庭内は暗く沈み、子供も怯え、ご主人は仕事に身が入らなくなります。家庭不和につながります。癌死が0.5%増えるよりもはるかに重大な問題です。

神経内科などで治療が必要かもしれませんが、現代の精神医療は、抗精神薬などほとんど麻薬と変わりのない危険な薬剤を投与されるおそれがあり、治癒するどころか症状が固定化されて一生治らない、薬物依存の人生となるといった悲惨なケースもあるようです。よって、なるべく自然な方法で治癒を目指すべきですが、ひとつの方法論として「被爆治療」を強くお勧めします。(一番の特効薬は、RKブログをじっくり読んで現状・実態を理解することなのですが.....)

1-1.福島原発の放射線被害を恐れる皆さんへ (抜粋)
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201106/article_33.html

ちなみに、癌患者が癌治療に行く「ラドン温泉」「ラジウム温泉」での低線量治療では、年間100ミリシーベルト(100,000マイクロシーベルト)が理想的な線量であるとされています。低線量放射線は、実は人体に不可欠なものとする学説が注目を集めているのです。私も年2―3回ラドン温泉で被曝して元気になって帰ってきます。ラドン温泉は癌の手術をした後の人で賑わっています。(自然放射線と人工のものは違うと言った主張がありますが、根拠はどこにもありません。放射線は放射線です。)

1ー2.雨の日はちょっと濡れると調子がいい。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_73.html

低線量・低線量率放射線、免疫強化やがん抑制など人体に有益
「低線量・低線量率の放射線量域においては、この30年の検証で、DNA損傷の修復、SOD誘導、免疫強化、がん抑制など、人体に有益な側面があることが多くの研究で報告されている。「高線量・高線量率の放射線は人体に有害である。だから、当然、低線量・低線量率の放射線量においても有害である」とする「直線仮説」は完全に覆されつつある。」

1ー3.「なんかラドン温泉は、病気の爺婆が入るもんであって、普通の人が入るもんじゃないと思ってる人がいる?ようなので。
岡山大学・御船正明博士は1952年~1988年にかけて三朝町全住民をラドン温泉地域(3400人)と周辺農村(5500人)に分け調査した結果、37年間の全がん死亡率は全国平均1に対して、ラドン温泉地域は男性0.54、女性0.46とがんの死亡率が約半分であるとの統計調査が出ているそうです。」

バルドル 2012/04/09 19:20

1-4. >精神分裂症になると手遅れですよ。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200710/article_11.html

●こんな効能や効果がラジウム温泉にあります。
http://www.rajiumu-onsen.net/setumei/

リューマチや胃腸の疾患、関節の症状や脊椎の症状、更年期障害などの内分泌系の症状、創傷、神経痛や神経炎などの神経に関する症状、自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状、喘息や慢性気管支炎、皮膚疾患、がん疾、不妊症、肩こり、痔、うちみ、くじき、しもやけ、また腎臓病や肝臓病、心臓の疾患や動脈硬化症、痛風、歯周炎など、様々な症状に効能があるとされています。


ということで、低線量放射線は、人体の自己治癒性能を引き出してくれるので様々な病気が治るのですが、注目すべきは、精神疾患への好影響です。「自律神経失調症や精神的疲労、ノイローゼ、神経症の沈うつ型などの精神関連の症状」に著効性があるのです。効果は入浴後すぐに現れます。ラドンガスをたっぷり呼吸して内部被爆して放射線パニック症候群から脱出してください。(ああ、この皮肉わかってね。)

(2)「累積100mSvでがん死亡率0.5%上昇」が妥当か?妥当とは思いません。読売大新聞や大学術会議様がそう言ったからといって頭から信じるようでは、まだまだ世の中の構造が分かっていない証拠です。新聞テレビも政府も平気で真っ赤な嘘をつきます。黒幕の言いなりなのです。ただ、嘘のつき方が上手なので、普通の人は気がつかないだけです。

日本学術会議は、ICRPの「合計被曝線量あるいは線量率とその被曝結果は直線的な関係となるとするLNT仮説」をもとに理論値として「0.5%」を算出しているのであって、統計をとった結果でもなんでもないただの「仮説に基づいた予測値」です。そして、このICRPの勧告は100年も前に提出された骨董品であり、「現実にそぐわない架空の数字」だと各方面から批判を受けているのです。「高い被爆量ではがんが発生するから、その数値から直線的に線を引いて、線量を下げていくと100mSvのところで0.5%の増加になる」計算になるというだけのことで、本当かどうかは全く検証されていません。そして、実際に、低い線量ではむしろ健康増進の結果が出ているのです。

実際、日本学術会議の記事は、「0.5%増加する」と強調しているわけでもなく、科学的根拠はないがそういう計算になると言っているだけです。(会議の内部にもおそらく、意見公表に対する反対があったものを、一部の幹部の意見で公表したと思われます。)

だが、天下の読売が断言しているから....と、お考えの方はメディアの実態を知らなすぎます。特に読売、産経は、上で述べたA.の放射線パニック扇動勢力の主力であり、日本人の危機感を煽る役割を背後の黒幕のために果たしています、だから、学術会議の言説を歪曲してあたかも実質的なリスクがあるかのように記事を書いているのです。我々の間では、読売はCIA新聞、産経は統一教会惨軽新聞と呼ばれています。もっとも、NHKも日経も似たりよったりのクズメディアですが。

2-1.「本件、日本学術会議はかなりの線で被害者かもしれません。犯罪人はいつものごとく、読売長新聞だと思います。あたかも日本学術会議が提言書でそう言っているがごとくねつ造して記事を書います。学術会議の報告書を見ると①100mSv以下の低線量域では線量に比例して増加するという科学的な根拠はないが、放射線防護の立場からは100mSvを下回る線量域においても線量に比例して増加すると仮定し、広島・長崎における原爆被爆者の疫学調査から、がんによる死亡のリスクは5×10-2/Svと推定されている。→従って100mSvだと0.5%増加すると仮定した。②生活習慣等による、日本人のがんの自然発生による死亡率が30%であることを踏まえると、100 mSv以下の線量によるがん死亡率の増加は小さいことがわかる。→死亡に占めるガンの割合が30%から30.5%になったとしてもそれは誤差の範ちゅうである。

私が読んで理解した限りでは読売が書いているような内容では一切ありません。更には、学術会議の提言書は「しかし、低線量放射線によるがんの発生頻度は、自然発がんに隠れてしまうほどの大きさしかないため、疫学調査の結果には大きな不確かさが見られLNT モデル自体を検証するにたる学術的根拠は不十分であった。大規模かつ包括的な研究を早急に開始する必要がある。」としてLNTモデルの検証を提言しています。→LNTモデルを前提としなければ100mSv以下でのリスクの増加という話自体がなくなる。日本学術会議よお前もかという愕然とした思いで学術会議のホームページを見たわけですが、自分としてはまずは救われた気持ちになりました。」


初心者 2012/04/09 22:19

(3)200-250mSvまでの被爆量はむしろ健康に良いと主張する学者さんはたくさんいます。だが、今は、世間が「放射能は怖い」で突っ走っているので、反論の声を上げにくいのです。上げれば、すぐさま、A.のグループから「東電・政府の御用学者!」と認定され執拗な攻撃を受けます。

さて、放射線パニック業界のアイドルにタケダ先生がおられて、よくテレビにもでられるようです。放射線パニックを煽る役割を立派に果たしておられますが、この先生の311以前のご発言をご存知でしょうか?


                         


                                


                                            


                                                                     


「高等動物中の高等動物である人間は,ものすごく精密な防御システムを持っている.だから,容易なことでは放射線で障害を受けない.むしろ,あまりに複雑なので,長く使わないとリストラされる。むしろ,免疫と同じだから,少しは放射線を浴びておいた方が「異物を取り除く体の中の自衛隊」を育てておくことができる放射線と人体の関係を研究している人の多くが「放射線を少し浴びた方が発癌性が低い」と考えている。でも,決して口に出さない.口に出すと袋だたきにあうからだが,民主主義だから専門家はおそれずに「本当の事」を言うべきだ.」

「原子力発電所から漏れている放射性は協会でだいたい1ミリシーベルトから0.1ミリぐらいとされています.放射線としてはわずかな量なので、このくらいの変化が生じても別段、問題はありません。記者会見では変化が問題になっていますが、それは放射線と健康の関係を知らないからです.人間が放射線によって障害を受ける最低の放射線は200ミリシーベルト付近ですから。」

3-1.放射能パニック症候群の皆さん、武田先生の「低線量被曝なんて全然怖くない!」解説で安心して下さい!
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201110/article_34.html


ということで、タケダセンセ~ご自身が200mSvまでは障害は起きないと言われているのだから大丈夫ですよ。w 先生が最近違うことを仰っているとしたら、それは何かの間違いでしょう。転向の原因は、「金銭的利益」とか「テレビに出れる」とか他にありそうです。

3-2.「広島原爆に於いて、爆心より半径500m以内での生存者は78人居り、平均被曝線量は2sV(=2000msV=2000000μsV)。そしてその平均寿命は74才(1945年に於ける日本の平均寿命は59才)。

以上は2012年1月19日放送ニコ生「放射能はそんなに危険?原発のリスクを考える」での1:24:00~1:27:00に架けての「札幌医科大学・高田純教授」の発言。 」

アルザル 2012/04/09 17:40

(RK注)つまり、2シーべルトの被爆者の方が当時の平均寿命より15年長生きしたということです。)

3-1.「稲恭宏先生(放射線安全研究センター)のグループのマウスを使った実験では、低線量放射線を照射すると、皮膚がんの発生が抑
制され、糖尿病や自己免疫疾患が改善し、そして寿命が延びたそうです。」
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2477679/?tool=pubmed

p.p. 2012/04/09 18:05


(4)「累積被爆量」には意味がないとする研究も多くなされています。一度にどれくらい浴びたか?が重要なのであり、「累積」は健康被害に結びつかないと私も考えます。被爆すれば、人体はすぐさま防御機能を発揮してDNAを修復しようと努力します。(その過程で免疫力が賦活されてむしろ健康になると考えられています。)だから、被爆後、正常なDNA修復が行われる限りは、「危険は累積」されないのです。その意味で30年間で250mSVといった数値は無意味と考えます。

4-1.「累積って怪我したら治るように染色体もある程度の量までは治ります、治る時に体が作る酵素が体にいいんですよねー 酵素最高です。」
クラッツ君 2012/04/09 15:16

4-2.「放射線被曝の健康被害では、瞬間的に受けた強い放射線が危険なのであり、通過している放射線を累積計算して何十ミリシーベルトととしてなんとする?意味がないと思いますが間違っているでしょうか?人体からも放射線が出ており、生体は放射線に案外強くて、100ミリシーベルト/回でも大丈夫とアリソンオクスフォード大教授は言ってます。除染工事利権に群がり、危険を煽動する悪しき者達にけして騙されてはいけない。
医食同源 2012/04/09 16:09


(RK注)「治る時に体が作る酵素」が逆に健康を促進してしまうわけで、ラドン温泉で放射線を浴びるといろんな酵素が体内で発生するのです。実は、可視光線ランプも同じ機能があるのです。

というわけで、生涯で100mSvとか250mSvといった低すぎる線量では、毒にも薬にもならない。もっと積極的に低線量を浴びたほうが健康になる。浪江町にはすぐさま帰還すべきという結論になるます。(浪江町では物足りないですが.....)

以上です。情報感謝。














     



by d451ddpp | 2012-05-24 21:38 | 情報拡散希望

転載: 前原裏社会代理人誠司さんの輝かしき人脈

転載: richardkoshimizu’s blog  


前原裏社会代理人誠司さんの輝かしき人脈    作成日時 : 2011/08/29 09:52


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201108/article_90.html







↑ 特定非営利活動法人ヒール・ザ・ワールド・インスティテュートHPより

前原裏社会代理人誠司さんの輝かしき人脈

前原センセが献金を受けていたのは不動産会社「メディアトゥエンティワン」。同社の代表者は、篠原寿会長(元山口組系後藤組相談役)。つまり企業舎弟。後藤組といえば、創価。

「前原誠司の収支報告書(まえはら誠司東京後援会、平成21年分)に書かれている「㈱クレイヴ 」(社長・渡邊修也)の関連会社に「㈱創寿苑 」があるが、NPO法人「ヒール・ザ・ワールド・インスティテュート 」も代表者は同姓同名⇒大西洋一」

「㈱創寿苑 泉展示場 」と「ヒール・ザ・ワールド・インスティテュート 仙台支部 」の住所も同じ。そうとう山の中。⇒宮城県仙台市泉区朴沢字宮床山8-1(国道457号線)」
http://ameblo.jp/white--white/entry-10823423177.html


創寿苑=「創価+篠原寿」らしい。創価御用達のヤー公からの献金で政治家になり、日本の首相になるかもしれない部落朝鮮の星。だめだこりゃ。




  


 



by d451ddpp | 2012-05-24 21:35 | 情報拡散希望

転載: おいら、ロボくん

転載: richardkoshimizu’s blog


おいら、ロボくん      作成日時 : 2012/04/09 18:26


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_55.html









                      


                       


                 


                     


                    




by d451ddpp | 2012-05-24 21:34 | 情報拡散希望

転載: ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。

転載: richardkoshimizu’s blog


ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。    作成日時 : 2012/04/09 17:07


http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_54.html








                    


ハリーボッテー共和国、面目躍如。ハリボテ人工衛星公開。

「今の時点で衛星本体をロケットに組み込んでおらず公開したということは、発射に間に合わない。」「衛星にしてはサイズが小さすぎる」「姿勢制御装置がない」とかで、馬鹿丸出し。ただの黒い箱。人ごとながら、ああ恥ずかし。
空っぽじゃなんだから、特産の覚醒剤でも入れておけ。







                        


                        


●北の衛星「はりぼて」か、箱形機械に不自然さ
読売新聞 4月9日(月)14時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120409-00000501-yom-int

ミサイル発射予告で国際的に批判を受ける北朝鮮が8日、一部の外国メディアに発射場で「人工衛星」や「衛星打ち上げ用ロケット」などを公開した。

だが、映像を見た専門家からは「衛星は『はりぼて』ではないか」「かえって不自然さが目に付いた」などの指摘が続出。発射の正当性を訴えようという北朝鮮の意図は、国際社会に簡単には通じそうもない。

報道によると、北朝鮮北西部の東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場では、「銀河3」を意味するハングルが書かれたミサイルが設置された。北朝鮮は「光明星3号」と名付けた衛星と称する箱形の機械も公開し、「平和的な人工衛星の打ち上げ」をアピールした格好だ。

しかし、専門家からは疑問の声が上がった。宇宙航空研究開発機構の的川泰宣名誉教授は「衛星の形はしているが、普通はロケットの組み立て前に衛星を内部に組み込む。これから入れるというのはあまりにも非効率」と指摘。さらに「北朝鮮の言う実用レベルで使うにはサイズも小さすぎる」と疑問を呈す。

科学ジャーナリストの松浦晋也さんも、「全面に太陽電池を貼った衛星は太陽光を受けるため回転させて使用する。公開された衛星は縦長で、外部に重りなどのバランスを取る装置が必要。北朝鮮にそうした技術があるかどうかは不明で、なければ姿勢が安定しない。『はりぼて』の可能性が高い」と切り捨てた。










by d451ddpp | 2012-05-23 21:29 | 情報拡散希望