人気ブログランキング |

地震の真相~情報拡散希望

転載: バスクリン作戦失敗の巻

転載: richardkoshimizu’s blog 

バスクリン作戦失敗の巻     作成日時 : 2011/04/05 07:19

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_37.html




バスクリン作戦失敗の巻

「投入した入浴剤が海に流れ出たことは確認できていない。」「想定以外のルートで流れてきた可能性もある」....はい、その「想定外」が正解でしょう。放射能汚染水は福島原発から流出したのではなく、太平洋の海底核爆発で発生した汚染海水なのではないですか?まずいですね。原発から漏れている訳ではないとなると....東電のまともな社員の方、そろそろ謀略に気づいてください。海は原発事故前から、最初から汚れていたんですよ。

●福島原発、汚染水止まらず 入浴剤使い出元確認へ  2011/4/4

http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819595E2E6E2E2E58DE2E6E2E6E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

東京電力は4日午前、福島第1原子力発電所2号機のタービン建屋近くの立て坑に乳白色の入浴剤を投入した。取水口近くのピットから放射性物質に汚染された水が海に流れ出ており、吸水性樹脂などを使って止水を試みたが効果が出ていないため、汚染水の出元を調べることにした。

東電は4日午前7時すぎ、入浴剤の粉末13キログラムを3分間かけて注入した。汚染水はタービン建屋からトレンチ(坑道)を経由して海に注いでいると考えられており、この想定が正しいかどうかを確かめる。同11時現在で、投入した入浴剤が海に流れ出たことは確認できていない。「想定以外のルートで流れてきた可能性もある」(東電)という。

# by d451ddpp | 2011-04-05 21:30 | 情報拡散希望

転載: 3・11人工地震テロの地震波形:核爆発による3連続人工地震だった!!

転載: richardkoshimizu’s blog 

3・11人工地震テロの地震波形:核爆発による3連続人工地震だった!!
作成日時 : 2011/04/05 06:23

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_35.html



























Twitterなど拡散用

3.11人工地震テロ:311大地震の地震波形は、最初に高いスパイクが来る典型的な「人工地震型」。ただし、「震源域で地盤の巨大な破壊が3つ連続して発生(気象庁3.13発表)」したため、高いスパイクが長く続いている。

二番目の地震波形は、1998年インドの核実験。非常にシンプルな「最初に高いスパイクが来る」波型になるのが特徴。このタイプの人工地震が3連続で発生すれば、一番目の波形になると思われる。

三番目は、1995年のパキスタンの自然の地震。次第にゆれが強くなる。311地震と明らかに異なる波形。

311地震が、地下核爆発を使ったテロ行為である証左です。だれの犯行か?911内部犯行同様に、CFRのデービッド・ロックフェラーです。彼らは、まだ、対日テロ継続を完全に諦めたわけではありません。まだ注意が必要です。リチャード・コシミズでした。

資料1:●「3つの地盤破壊が連続」気象庁、M9.0に再び修正 2011/3/13 14:12

http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:e2cCXv-OX9QJ:www.nikkei.com/news/print-article/g%3D96958A9C93819695E3E1E2E3E08DE3E1E2E1E0E2E3E3958AE3E2E2E2%3Bbf%3D0%3BR_FLG%3D0+3%E3%81%A4%E3%81%AE%E5%9C%B0%E7%9B%A4%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%81%8C%E9%80%A3%E7%B6%9A&cd=2&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&inlang=ja&source=www.google.co.jp

気象庁は13日午後に記者会見を開き、11日午後2時46分に発生した三陸沖を震源とする東日本巨大地震の規模を示すマグニチュード(M)を8.8から9.0に再修正をしたと発表した。「震源域で地盤の巨大な破壊が3つ連続して発生しており、3つを合わせて規模を再計算した」という。日本の観測史上最大規模。同庁は地震の波形を詳細に解析。その結果、最初の巨大な破壊の後に、第2、第3の巨大な破壊が連続して起こり、特殊な地震波になっていた。こうした複雑な破壊は「極めてまれ」としている。今回の地震の震源域は長さ500キロメートル、幅約200キロと極めて広域。断層の破壊は5分以上続いたという。(以下略) ハラ 2011/04/04 18:27



 

# by d451ddpp | 2011-04-05 21:25 | 情報拡散希望

転載: 頑張れ東京電力!:原発17基全部止まっても計画停電なんかしなかった東電!えらいぞ!

転載: richardkoshimizu’s blog 

頑張れ東京電力!:原発17基全部止まっても計画停電なんかしなかった東電!えらいぞ!     作成日時 : 2011/04/04 07:48

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_22.html




資料:福島第一原子力発電所6号機の点検停止について 

平成15年4月14日 東京電力株式会社

http://www.tepco.co.jp/cc/press/03041401-j.html

「当社は、原子力安全・保安院からの「福島第一原子力発電所1号機における格納容器漏えい率検査の偽装を踏まえた厳格な検査の実施等について」(平成14年10月28日)にもとづき、「運転中原子力発電所の格納容器漏えい率検査のための停止計画」(平成14年12月12日)を提出し、計画的にプラントを停止して、格納容器漏えい率検査を実施することとしております。福島第一原子力発電所6号機(沸騰水型、定格出力110万キロワット)につきましては、4月15日からプラントを停止し、準備を整えた上で、格納容器漏えい率検査を行いますのでお知らせいたします。これにより、当社の保有する原子力発電プラント17基(合計1730.8万キロワット)全てが停止することとなります。」

ちゃんちゃん

# by d451ddpp | 2011-04-05 21:19 | 情報拡散希望

転載: 再掲:「緊急地震速報は今日も外れだった」

転載: richardkoshimizu’s blog 

再掲:「緊急地震速報は今日も外れだった」   作成日時 : 2011/04/04 08:26

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_25.html




緊急地震速報が外れるわけ(新刊より抜粋)

携帯電話が突然、地球外生物のような鳴き声を上げて「緊急地震速報」を知らせてくれる。テレビでも同様に警告が流れ、みな緊張する。地震が来るのを身構えて待つ。だが、ほとんどの場合、揺れない。既に30回以上はずれ、もはや誰も速報を気にしなくなった。速報が「オオカミ少年化」してしまったのである。いったいどうしたのか?そんなに精度の悪いシステムだったのか?

RKは、もし「人工地震」だったら緊急地震速報はどうなるかを考えてみた。そして、「本震は来ないだろうな」と思った。つまり、緊急地震速報の「はずれ」こそが、人工地震を証明していると言うのだ。

そもそも緊急地震速報とは、地震のP波を検知するものだ。本震よりもはやく観測できる。S波(横波)よりもP波(縦波)が早く伝搬するので、P波を先に検知測定することで後から来るS波の大きさも予測できる。よって、S波の大きさをP波から推測して、「大きな地震が来る」と警告を発することができる。これが緊急地震速報の原理だ。

「地震では初期微動でのP波と呼ばれる小さな揺れ(縦波)と主要動でのS波と呼ばれる大きな揺れ(横波)が同時に発生する。P波とS波とは伝搬速度が異なり、P波は毎秒約7km、S波は毎秒約4kmの速さで伝わる。この伝搬速度差を利用して、震源に近い地点におけるP波の観測に基づき、後から来るS波の伝播を時系列的に予測し、震源からある程度以上(P波とS波の時間差が充分に開くほど)離れた地点に対しては、その到達前に予測を発表することができる。」

だが、ここのところ「はずれ」ばかりなのである。なぜ、大きなS波が来ないのか?

「核実験は、自然の地震と違いP波(縦波 初期の速い波)が大きく顕著である。S波(横波 後の遅い波)は小さい。」

核爆発で発生するP波は「大きくて顕著」なのだそうで、当然、緊急地震速報のシステムは、地震が核爆発によるものとは想定していないから、普通の自然の地震であるなら、その後に来る「S波」も大きいはず、大地震のはずと「演算」して警告を発するのではなかろうか?だが、実際には、核爆発で発生する「S波は小さい。」ので、全然揺れない。「速報、外れ」となる。

つまり、ここからも一連の地震の中に「地下核爆発による人工地震」が含まれていると考えられるのだ。実際、縦にズシンとくるけれど横揺れがない地震、震度3と発表されたのに少し離れた都市では全く揺れなかったといったことが報告されているのだ。

# by d451ddpp | 2011-04-04 21:22 | 情報拡散希望

転載: 「東京湾で人工地震が使われたと思われるデータ 浮島の位置に注目。海底から黒煙が出てる」 

転載: richardkoshimizu’s blog 

「東京湾で人工地震が使われたと思われるデータ 浮島の位置に注目。海底から黒煙が出てる」     作成日時 : 2011/04/04 06:30

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_21.html







2011/3/23 00:40 「東京湾で人工地震が使われたと思われるデータ 浮島の位置に注目。海底から黒煙が出てる 浮島が先にあることから川崎側の右側になる 市原コンビナートの火災ではない」 http://imepita.jp/20110318/333460

「浮島付近の放射線量 東京湾で地震が起きた時に急に高くなってる」
http://www.atom.pref.kanagawa.jp/cgi-bin2/telemeter_datm.cgi?Area=1&Type=W


震源地地図
http://maps.google.co.jp/maps?f=d&source=s_d&saddr=35.5,139.9&daddr=&hl=ja&geocode=&mra=ls&dirflg=w&sll=36.5626,136.362305&sspn=34.413622,79.013672&brcurrent=3,0x34674e0fd77f192f:0xf54275d47c6652...

これ、見落としていました。有志の方感謝。




 

# by d451ddpp | 2011-04-04 20:13 | 情報拡散希望